レールの改変

図面もスケッチも描いてますが、決定項ナシ。

カメラ用XYスライダーを作っています。前後左右にカメラネジを移動する装置を研究中。市販品では重いので自作。

前後用はアルミで2案アリ。
(1)アルミ板を利用。左右をL字型に曲げて調整用のネジを付ける。
(2)アルミ板の左右に袋になるように円を作ってリベット止め。

問題になるのは上記のように前後調整出来る用にするのは良いけれど左右が収まらないこと。

(1)(2)の用に左右でレールやリブを付けてしまうと前後用の調整ネジがレールと干渉します。前後と同じ方法で左右調整装置を付けると、絶対に広くなるか立体2階建てになってしまいます。2階建てにすると簡単ではありますが重くなるので却下。

2階建てを回避するので前後調整用と調整方法を変えます。

【変更案】

a)斜めに穴を開けた板を前後にスライドさせてネジで位置を変える方法
b)ネジ留めをアルミ板で作って浮遊、片側をネジで押さえる方法
c)前後用を調整をネジのままとし、左右用の調整をレバー式にする

前後に浮遊するアルミ板の上で簡単に左右が調整出来ること。これが理想です。レバー式がいま一番有力な方法。支点とカメラネジを近づれば、ネジを使わなくても微動が使えると考えております。これで前後用の調整装置と干渉せずに済みます。

もうひとつ。
(3)番目の方法として、角材とネジを使う方法も考えていました。角材に焼きネジを押しつけてネジを切り、これを前後左右と2ピース取り付けます。間だにボルトを挟んで調整装置とします。工作が少なく微動を1つの部品に押し込めますし固定をワイヤで行うつもりでした。このほうほうは最初から前後用と左右用で2階建てです。工作は簡単ですが2階建てになる分大きくなります。

同一平面上で収める方法が思いついた今、こっちは作らなそう。

工作好き