ジンバル2種類

自作ジンバル2種類
自作ジンバル2種類

自作ジンバルです。

上が現行のユニバーサルジョイント。

下がフリーベアを利用した現在制作中のジンバルです。

寸胴なパイプが上についています。その横に棒が出ています。

これは横回転、人間で言うと側転を止めるためのウエイトが付いています。

ユニバーサルジョント、フリーベアを利用したモデルとも、軸の下はグリップしかありません。

軸の上にウエイトを積んでいます。その上に本体を載せます。

カメラ台 下から
カメラ台 下から

カメラを積んだ台の下に塩ビパイプのキャップを仕込んであるので、抜き差しだけでジンバルが交換できます。

まさかジンバルを交換するなんて考えてもいませんでした。
どうせならカメラを積む側に横棒も付けて置けば良かった。

横棒を使う方法は試行錯誤の中出てきました。
先達の作例でカメラ直下に横棒を配置する方法がとられています。
どうせ回転止めならジンバルの真横にしようとこの形になりました。

グリップより上にウエイトを置くと全体重量が重くなりがちです。
ただ、カメラ自体が数百グラムと大変軽量なのでこの方法が可能です。

大型カメラや一眼ではきっと難しいでしょう。

工作好き