NIKIRIN セール

愉快な乗り物NiKIRIN
チャイナマスコット・リカンベント10周年記念!

NIKIRIN(ニキリン)さんのセール。

ぜんぶで20台だと思ったら、4車種それぞれに20台!

80台?

詳細は上記リンク先を見ていただきましょう。

QTRのもっと大きな画像を見る

2008年茂木で撮影。

Gallop【QTR】
横に置いてあるドロップハンドルのレーサーと比べるとわかるように、普通の自転車のシートの位置に視線があります。交通量の多い場所で、ガードレールに隠れてしまうかも。注意は必要ですがこのあたりは慣れで解決です。

【試乗した感想】
2006年に乗ったときは試作車で、写真の2008は製品版です。私はたぶん製品版には乗ってません。以下は試作車に乗った感想となります。

QTR 2006年茂木

2006のときの試作車はメーカの人が持参して乗っていました。大柄な方が踏んで、それこそ地面を這うように走ってました。チェーンリングも大きくて小径ですが走ります。茂木のコース激走。

【gallop】
試作車はチェーンの脱落に手こずってました。今見ると、試作版はチェーンがむき出しの1カ所押さえですから、暴れたら落ちますね。

製品版はそのときのレイアウトからだいぶん改良されています。ぱっと見、フロントディレイラーのブームが鋭角になったように見えます。チェーンを押さえるアイドラー(ローラー)が増えて、引きのチェーンガードチューブが追加されています。これでチェーンが落ちることはなくなったでしょう。

【足はぶつからないの?】
QTRの場合チェーンラインとクランクとフォークが干渉しているように見えますが、たぶん干渉すると思います(笑)適応身長が165㎝以上になっているのは、それよりも短いとクランクを回したときにかかとと前輪がヒットするからでしょう。

背が普通サイズの方は心配せずに済みます。むしろどのくらいブームを前にのばせるか心配した方が良いかもしれません。190㎝まではいけるようです。

太ももの内側にチェーンがあるのは不思議な感覚ですがすぐ慣れます。チェーンは樹脂製のチューブに覆われていますから、タイヤがさわっても逃げてくれるので心配は要らないでしょう。レーサーですから、直線をかっ飛ばすようです。街中でこまかく曲がりたいならもっと別な車種の方が良いかも。

ローレーサーがどういうモノかわかったうえで買うと幸せだと思います。

【購入について】
予約生産とはいえ、価格が価格です。初めの1台に買う方もいらっしゃるかもしれません。面白い乗り物ですから、えいやと買ってしまうことをオススメします。・・褒めてると私も欲しくなります。

自転車が趣味で整備がある程度できた方が良いでしょう。パーツその他は普通の自転車と一緒です。いろんなモノが長かったり、位置が違うだけです。QTRはリア(後輪)がディスクブレーキですが、ワイヤーで調整し居てるので扱いは普通のブレーキと同じです。調整もそれほど難しくはありません。

【心配はチェーンの調節だけ】
唯一心配なのは、ポジジョン合わせに手間取ること。股下のながさを合わせたり、ハンドルの角度や長さを調整することを「ポジション出し」というのですが、普通の自転車と違ってシート側が固定ですから股下のパーツで調整が必要となります。そのときどうしてもチェーンの長さを調整せねばなりませんので、「チェーン切り」くらいは使える用にしておいた方が良いでしょう。

通常は後部変速機(リアディレイラー)に付いている「テンショナー」がたるみをとってくれるのですか、チェーンが長いのと前ギア(チェーンリング)の大小差が大きいため調整は若干シビアになるかもしれません。

長々と書いてしまいました。
ちなみに私はやや心配性です。

自転車ですから、難しくて乗れないってことはないと思います。

勢いで買ってね。

まとめがあったのでリンクしておきます。

QTR、ブレイクするのかな – いんさいどあうと・あうとさいどいん

NiKIRIN FUN 合同QTR試乗会

(AD)バーエンドツール
そうか!この手があった。

工作好き