「ダイソンアワード」の自転車


元ネタはこちら。
車輪のサイズに折りたためる自転車 – GIGAZINE
空挺部隊風ですが開発目的は軍用ではなく、純粋に自分用だそうで。
ダイソンアワード2009で賞金が出たそうです。ダイソンはそう、あの掃除機のダイソン。

情報はSさんより。一体何処で見つけるのか。

【価格】
製品化についてと予想される定価も出てます。パーツ点数が多いのと、パーツ毎の精度が要求されますから価格が普通の自転車の倍かそれ以上になるのは仕方ありません。

【伝道装置】
駆動系がよく分からずしばらく考えてました。プロトタイプであとからチェーンが付くのだろうと動画を見ると、どうにもシャフトらしい。

たぶん、ベベルギアの先端みたいなトンガッタギアとカップ式受けを使ってシャフトを切り離しているのでしょう。もしくはチューリップの花びら型の4-8本くらいのツメを使って切り離してもできそう。実際はどうなっているのでしょう?気になる。

【構造】
卵形のフレームで、ヒンジにかかる応力をうまく逃がしているのがミソ。コロンブスの卵ならぬ、ドミニクの卵ってところでしょうか。今後の折りたたみ自転車界に革命を起こしそう。

まあでも案外食いつきませんよね。自転車は2万円を越えると買えなくなるのがこの国の法則。A-Bikeはもっと流行ると思ったんですけど。

今回も地味な好事家の愛用品に収まるのでしょうか。

でも、車や電車にいきなり積めるし、マンションなどの屋内保管には最高でしょう。価格帯が高いけれど、部屋に置き場があれば駐輪場は要らないしなかなか便利そうです。

Dyson award

Student Invents Bicycle Which Folds Into 26-Inch Wheel Circumference For James Dyson Prize | UK News | Sky News


クランクフォワードで畳めたらうれしい。





工作好き