冬季五輪の醍醐味を100文字で

都知事は銅メダルくらい大したことがないと発言したようだが、それならなぜオリンピックを東京で開催しようしたのだろう。「たかがオリンピック」ならべつに呼ばなくても良かろうに。夏は違うのか。冬は下なのか。

じぶんの「よく知らないもの」を軽視する傾向がある。
私もときどきしてしまう。

面白いはなしをあのおじいさんにも分かるようにスポーツ新聞が伝えられれば理想なのだけれど、プロ野球選手のキャンプ情報をニュースだと思っている人達に冬季五輪の醍醐味を伝えるのは一生無理難題なんだろう。べつにそんな面倒なことをしなくても、大衆は操れる。

ビート剛史がモーグルをみてヤケクソで滑っていると表現した。これもやっぱり知らないスポーツだからそう見るだけで、なじみのないものを拒絶するのは年を取った証拠なのかもね。

ということでこれからフリースタイルスキーのスキークロス男子をみるよ。

工作好き