鍾馗は「しょうき」

お祭りをみてたら鍾馗さまの像が山車に乗ってました。読みが「しょうき」と分かるまで時間がかかりました。

ずいぶん昔に友人と車のディーラーを冷やかしにいったとき。なぜか店の入り口からよく見える場所に戦闘機の写真パネルが飾ってありました。

二式単座戦闘機 – Wikipedia
単座が「鍾馗」

「何故」と尋ねると「店の人(たぶん経営者)が昔整備してたから」と教えてもらいました。大戦末期まで迎撃機として活躍してたそうで茨城の航空隊にあったのか、飛行機の整備士を止めて地元で店を始めたのかは分かりません。

二式複座戦闘機 – Wikipedia
複座が「屠龍」大洗の沖でエンジンが引き上げられて平和公園に飾ってあります。

工作好き