二日続けて大洗

大洗大好き。ブレーキシューを落したので回収しに行きました。思った場所にあった。コの字の溝にはめ込むだけのブレーキシューなのでバックでブレーキをかけると落ちるのです。もうちょっとロックとかあればよいものを。そもそも自転車はバックしないし後進でブレーキをかけない。

日焼けしないように心がけましたが顔はともかく腕は焼けました。花曇り程度の日差しでしたが、それなりに暑かった。観光客の数は昨日ほど多くはなくて、そういえば昨日オートバイの荷台にくまのプーさんがネット上のゴム紐で捕縛されていたのは、ここ大洗マリンタワー下の広場で買ったフリマ商品に違いない。

いくつか模造刀が置いてあって、まあまあよき一振りを見つけて買おうと思いました。自転車のどこに積むか。シート背面に縛り付けても刀と分かるし体に付けて走る方法も嫌。結局使い道も思いつかなかったので買わず。

那珂湊から大洗経由で水戸

今週は適度に運動中。自転車でその辺を周回してます。距離にして二十キロほど。向かい風でも空気抵抗の小さい自転車なら問題なし。自分がパワーアップしたと思いきや、前ギアを小さい方(インナー)で走ってて気が付かなかっただけ。

那珂湊は渋滞大洗も渋滞。人が溢れてました。那珂湊の駅で水分補給。駅舎の中で歌ってる人あり。ひたちなかのダ・カーポ。

車道はクルマで埋まっていて走りにくい。ほどほどにクルマが流れているときのほうがラクです。

日焼け止めを塗っておいて正解。風があり空気の乾燥で自転車日より。でもイネ科の草が生えていて花粉と飛んできた虫を食らって目が辛かったです。

自転車信仰

先日数十年ぶりに大洗鹿島線に乗りました。前回乗ったのは、たしか浪人中に海に行ったとき。そう、数十年ぶり。

帰りの電車に揺られながら鹿島線は1度常澄の駅に向います。夜の高架なので景色が見えません。男達の熱気でガラスは曇り。はて、こんなに遅いのかと気動車のゆっくりさに感心していると東水戸駅に到着。対向列車とすれ違うため五分ほど待ちます。

水戸駅の茨城交通車庫の上で鉄路は大きく左に曲がります。バス会社の車庫には、ガルパンバスと刀剣乱舞仕様のバスが止まっているはず。夜で暗くてみえません。そうこうするうちに水戸駅に到着。となりに特急ときわ(旧ひたち)が止まってて、遠くから来た人たちが鹿島線から乗り換えてゆきました。

電車は自転車より走行距離が長くなります。待ち時間やら駅から家に帰るまでの手段を思うと、大洗駅からリカンベントで出た方が早いような気がしてきました。

どこか遠くに行かない

自転車おじさんは10キロぐらいの道も自転車でいけます。本日不慣れなお畳み自転車で10キロ先へ。気持ちが高揚してはじめこそ速く走りましたが、悲しいシングルギアで速度は落ちます。速度こそ出ませんが、10キロ程度なら高速域を付き合わない限り走りきれます。

久しぶりにアップライトのクセのある自転車でした。結構いけるものです。途中、イベントに集る車のナンバープレートをみてゆくと、一番遠かったのは富山。接触したらまずそうなのはどこかのアジアの外交官ナンバー。

夕方酒屋で話していた人が関西圏でしたので、結構な距離をみなさん移動しています。私は関西でなにかイベントがあったとして、果たしていくでしょうか。よほどのことがない限り行かないと思うのです。

海楽フェスタに行く方法を決めてない

週末大洗に行く予定。行きたいのかどうかが分らなくなっているけれど行かねばならないような気がしてます。

前回同様皿洗いとか手伝いで終りそう。人混みの加減が読めないので、一番安全な移動手段は自転車。そういえば自転車。折りたたみを使ってどこまで行けるのかまだ試してません。あの折りたたみ自転車は、たしか5キロ程度の距離しか走ってませんから、それより倍の距離を片道で走れるかは、実験してません。

リカンベントをクルマ積むのが面倒になってきまして、来月の40キロメートルのサイクリングは折りたたみを使おうと思っています。はたして、どの程度の能力があるのか。私の体力はあるのか。

そして、あっさりクルマで大洗に行くのではないか。いやでも、今までクルマで行ったことない。現地の実況具合を見て判断しましょう。