大洗は9メートル

大洗の津波タワーは、9メートル。気休めだと思う。県が想定する津波高が9メートルなんだそうです。本当にそう思っているのでしょうか。

今日はアリューシャン列島で大きな地震があって、津波が届くかもしれないという予報がでていました。海水浴場は避難したのでしょうか。

津波が来た、浜辺からビーチサンダルで逃げるとしましょう。

浜辺からとにかく道路まででて丘を向いて左側、南西方向に逃げて、潮騒の湯の上にある立体交差を上がろうと思います。

ここで問題はふたつ。到達時間が直近であれば、逃げ切れないこと。もう一つはサンビーチの一番東のマリーナ側に居る場合で避難所から遠くて間に合いません。

山まで走るのと、避難所に逃げるのと同じくらいの距離があります。避難所が遠いならアウトレットに逃げて、いまはたしか封鎖されている見晴らしタワーに逃げるとしましょう。あのタワー、たぶん10メートルぐらいの高さがありますが、軽量鉄骨なので強度が心配。アウトレットの二階では不安です。

山まで逃げるには10分。山に取り付く場所が少ないのが難点。

地震のデカサと初期微動で直下と判断できたときは、素直に津波避難所に逃げます。時間にちょっとでも余裕がありそうならば、車もなにも放置して山ですね。車で逃げるのは無理で、信号は融通が利きませんしグリッドロックが起きて動きが取れなくなるでしょう。東日本の時は三十分ほど時間があり、ただ、あのときは通信の手段も情報伝達の手段もなくて、逃げようとせずにそのままの方が沢山いらっしゃいました。

観光時期に仮に揺れたら避難所がパンクするのではないか心配になります。

大洗でサイクリング

ベロモービルに乗せてもらいました。なんか異次元の乗物。ボディが路面の音を拾って伝達するので、結構音はうるさくなります。空気抵抗が極小になるため、スピードの減衰が少なく、理屈じゃあわかっているのですが普段の自転車と比べて腑に落ちない挙動があります。

どこが納得出来ないかというと、加速と減速でだいたいこのぐらい漕げばこの速度で、ペダルを止めるとそのくらい遅くなるという速度の計算があわなくなって、脳味噌がややパニックになるのだと思います。茨城ぐらいの田舎ならば、まあ乗れないこともなさそうですが場所を選びます。

二輪でフロントに半球を付けて、伸縮性の高い布で体と車体を覆ったソックスなら、まだなんとか運用できそうですけど、3輪は嵩張ります。3輪のほうが山に登れるらしいのですが、あんまり山登りは趣味じゃあないのです。コーナーで車体が傾く乗物が好きなので。

海楽フェスタ2017前前夜祭

気の早いおにいさんたちがすでに大洗に集結。水戸駅前で見かけた方と大洗のアウトレットモールで再会。ホイルのちいさい自転車でよくぞ長距離を走られた。

本番は二日後の2017年3月19日

みんな気が早い。いくら混雑するとはいえ、二日前からスタンバイは早すぎませんか。

旅館が足りなくてカーフェリー「さんふらわ」号をホテル代わりにするとか、なんだかまた大変そうですね。

前回の「あんこう祭2016」では列車に乗りきれないお客さんがホームから溢れ12キロの距離を走った方が多数出ました。

「あんこう祭2016」の教訓から鹿島臨海鉄道大洗鹿島線も増便するでしょうし、万が一の時にはきっと茨城交通もなんとかしてくれるといいなあ。

万が一のためにタクシーの連絡先を書いて置きましょう。駅すぐに関鉄タクシー水戸営業所台町タクシー、すこし離れて第一常陽タクシーあんしんタクシーなどがございます。ひとりでチャーターするとお大尽ですが、乗り合いで行くとほどほどの値段で収まります。

水戸駅 / バスのりば・停留所案内 | 路線バス – 茨城交通
電車が満員の場合、大洗行きのバスが思いつきますがバスのロータリーは水戸駅北口にあります。改札は一個なので、間違いにくい構造です。南口のバスロータリーは海側長距離路線は全然ダメで、海のほうに行くなら北口に行くこと。

本番二日前金曜日の大洗

大洗の物販商品の搬入が着々と進みアウトレットモールからみて海側に販売テント。マリンタワーの足下もいつもの出店テント群が展開されました。

気になったのはモールの食堂街に隣接する4階建てほどの展望塔で、側壁がブン抜かれて壊れて中に入れず。修理して欲しいぞ。先日の強風で壁が吹き飛んだと思われます。

ショッピングモールは寂しい。アニメギャラリー大洗アウトレットモールが警備員の増減で揉めたのは先週のこと。揉めごとというものは、お互い言い分がございまして実際は当事者に話を聞かないと分らないわけですよ、どちらが悪いのか保留のまま現地に入ったら、アニメのお客さんがニコニコしてる半面、本体の空室率の高さに唖然としました。

あまりの寂しさにほだされて、ふだん衣料品を買わぬ私が冬物を買いました。セールだったし。

ほかに明るいニュースとしましては、サザコーヒーの上のところに新規のお店が入ります。緑の看板。

客層の違い

おそらくモールの想定する若い家族連れや若いカップルは小林源文先生の同人誌を買わない。ミリタリーのお客さんはオシャレなハワイ雑貨のお店にはいかないでしょう? だた、うさぎつながりでシルバニアファミリーのお店には行くかもしれない。「ウサギのジョニーは戦場に行った」みたいなジオラマを作れます。シルバニアファンにすごく怒られると思うけど。

キャットシットワン80 – クリエイターズスタンプ

継続高校ダウン

大洗磯前神社にて初詣をすませ、友人ふたりが飲みたいというので商店街へ。松の内なので飲み屋が開いてるのかどうか、甘党の私は皆目見当が付かず。

大洗の「むらい」さんの前を通ったら、奥の方に継続高校のジャージを着た人が椅子に座ったまま酔いつぶれていたのが表から見えて、そしてお店は満員。なぜかカウンターで趣味の合うおじさんおにいさん同士が集って歓談するパブ文化が根付く。

ヴィンテージ・クラブむらい(@ji1lsh0502)さん | Twitter
むらいTOPページ

寝ないで遊ぶと辛い

金曜は飲み会でした。飲み会から帰って寝て、5時起きで埼玉。寝る時間を惜しんで朝一で春日部です。理屈の上では南桜井まで2時間半で着く。ただし渋滞したらダメなので早めに出発します。

カーナビはございませんので、地図をみていきます。茨城県内はなんとかなります。小貝川と国道16号に乗る江戸川が何とかなれば、道は簡単。途中朝日を浴びる日光連山に雪が積もっていてスキーシーズンであることを思い出します。

それで江戸川放水路の見学をしてきました。

帰りは道順を辿り直すのを嫌って、あにまるっさんを載せて国道16号、そのあと別れて国道6号で帰宅しました。途中、取手のセブンイレブンで白玉ぜんざいを食べて休憩。さすがに寝不足とウエイトを付けて歩いたのがたたりまして、ハンガーノックです。

なんとか帰宅して今度は大洗です。

朝ミノウラのフォークライトマウントをハンドルに付けてライトを装着しました。前日から大洗の混雑がどうかしているため、おそらく車で町に入れないと想像して自転車。

イベントは四時までなのでそこから自転車で明るいうちに帰れないので、ライトなのです。

案の定水戸大洗間の半分くらいで渋滞開始。ひどい。水戸大洗間を走ったり歩く人が続出。聞くと水戸駅で大洗鹿島線に乗れなかったとか。

11時30分にはイベント開始。ステージが低いこと、人が多すぎて、まともにみえません。

その後、大洗の商店街とマリンタワーをうろうろしてたら、福島のスポーツ施設でお世話になった顔見知りに遭遇。おたがい素性を言わなかったけれどミリタリ趣味があることが分り、そして私の機材マニアぶりがバレました。

ようやく日が傾くころ。曲松のほうに移動したら人口密度がやや下がって痛車の見学できるようになりました。あっちの模型展示場は突き当たりのある駐車場でしたから、人が一定数入ると人の流れは停滞します。人人人で奥の方のハーフトラックと指揮車両を見そびれ。

午後四時の終了10分まえに、もういいかなと離脱して友人宅で休憩します。お茶をごちそうになりました。私とはべつに電車で来た友人は、twitterで混雑具合を見て心配になって駅を偵察に行きまして、なんと2キロ離れたセブンイレブンのほうまで駅から列ができたとの報告。そこで電車に乗る時間を後ろにずらすことにしまし、ついでに私も休憩です。

私がようやく自転車にのったのは外が真っ暗になった6時半。

途中にある酒屋の「むらい」さんはもう六時過ぎだというのに外にまで人が溢れています。駅にいくとまだ人の気配があり、さすがに入場制限はありませんが、暗くなるまで列があったようです。

遠方よりお越しの皆様、おつかれさまでした。