つぎの

地方の公共施設の名前みたいに付ければいいと思う。よく、ラテン語のなんとかと英語のあれを組み合わせて、まったく分らない造語をつくって誰も覚えない名前にしがち。

個人的に好きなのは茨城は美野里村にございます「みの~れ」という名の施設。分りやすい。こういうのが好ましい。

漢字2文字ならなんでも良さそうだけれど、たぶん壇蜜は画数が多くて採用されないと思う。

口にしてみたいな壇蜜元年。

ポケットにいっぱい

何かを手に入れるためには何かを処分しなくてはなりません。家の掃除をしていると、ときどき空間が等価交換とわかります。交換すべきは物と空間。そして物は大量に溢れます。供給する側の都合でどんどん作られるので困ります。

そのうち飽和点を超えること気が来ます。要らないのにこんなにある状態。100円ショップの何か。衣類、簡単な樹脂製品は、昭和の後半どころかもっと以前に増えすぎて価格競争ばかりです。

いま、絶対にできないのは価格競争をやめたところで物を作ることです。使いやすい何か。100円ショップのなにかが使いにくくて修理すると、私の修理代が上に乗るためぜんぜん安くなくなります。経済学用語ならきっと、「なんとかのジレンマ」みたいな法則が付いていそう。愛と欲望のボレロみたいな。なんとかの法則かもしれない。

先日花火の映画が公開されました。花火を下から見るか上から見るか?かな?

どこでみても良いじゃないかと思いつつ、では私ならどんなタイトルなら見るかと思うと、まあ「ザ・花火」ですね。伝統の花火職人を追ったドキュメント(もうすでにアニメじゃない)「実録the花火師」なんて最高ですね。実録ってつけるとお色気シーンが必要な気もします。

見たくないのはそうですね、あいまいなタイトルかなあ。花火を見る位置を座標位置とか経度緯度とか地名で表現すればいいのに、花火との相対位置で決めるのは、いかがなものかと存じます。円いんだからどこから見たっていいじゃない?なに、一緒に見る相手が大事なのですか。それなら「ジェニファーロペスと見る花火」みたいななにかでよさそう。タイトルをドンドン長くするとなんだか分らなくなります。

地味に誤植で有名になったのは【ポケットが虹でいっぱい】「ポケットが虫でいっぱい」イラスト/つちのこ [pixiv]

もともとは虹いっぱいだったタイトルが、ゲーム買取業者の誤植で虫いっぱいになりました。虫にも種類がありますので、私だったらフナムシだったら困ります。あいつら足取り軽すぎ。ポケットにフナムシいっぱいなら、都会の子供はきっと卒倒します。

休日の過ごし方

生活リズムが代わり、報道ステーションをみていません。若いアナウンサーになる以前にプロレス解説の人がでてきたあたりで離脱しました。いま、ニュースのナレーションに小山まみ、沢城みゆきが並んでいるのでしょうか。三代目不二子と四代目です。初代は二階堂、二代目増山とつづき、三代目のときはテレコム系で大塚康生が絵にお金をつ買いすぎたか、はたまた嫌われたとか緒説がありますが不二子は増山さんの時代に一度だけ風魔一族の陰謀で声が変っています。絵は良く動いているのですが、別に無理して見なくてもと思い行く年月いまだに見ておりません。テレビスペシャルもひどいのがあるので、あれやめて30分1本で4本流せばいいと思うのです。ちなみに私がすきなのは殺し屋とかへんな博士とか悪い政治家とかでてくる泥臭いリミテッドアニメーションです。カリオストロよりマモー派。

ルパン三世
ベストセレクション。いろいろ残っていますが、あとは金子さんの次元が女を助ける話とか、みんなそういうのが好きなんでしょう。私が好きな、超音波を使って信者をコントロールするワルなシスターの話より、テレコムの神様がくれた札束のほうが人気はあるでしょうね。だいたいそういうものです。おそらく一番上に「泥棒は平和を愛す」がきて、アルバトロスが何位になるか気になるけれど、それは本筋じゃあない。

わるい大統領に騙されるシスターアンジェリカの話とか。うっすらとした記憶で投票するから斬る鉄剣がコンニャクに弱い話は入りそう。殺し屋ピューマとかビューティとか、あとシナリオでいうと大和屋の回は上の方に上がりそう。必殺鉄トカゲとかネッシーの話とか、記憶を無くしたナチ高官を東ドイツから掠う話とか、時代が変るとベルリンの壁を説明するところからはじめないとなりません。高階回でのこってるのはあとなんでしょう。

個人的にはOHプロの、南十字星がダイヤが見えたあたりが上に入ってくれないかなあと期待しております。ベストセレクションはいがいとパート3が検討してます。

お盆システム

13日を中心に前後するお盆システム。正直苦手。限りない日常が連綿と続くことがうれしいのに、そこに割って入るお盆、お祭りがこどもの時からいまもずっと避けています。そうは言っても逃げきれるでもなく。

北朝鮮のミサイルをパック3で迎撃したいらしいのだけれど、飛行高度が届かないから無理。

宣戦布告

グアムに4発ミサイルを撃ち込んだら戦争が始まる。戦争が始まると招集されそうなので怖い。ただ、私を招集する場合はいろいろ注意しないといけません。入り口に性格診断テストを置いていただけると引っかかるので是非。

戦争といっても、航空戦力の乏しい北の国はなにもできず、地下に潜るくらいで反撃しようがないでしょう。可能性としてあるのは、核弾頭がきちんと東海岸まで届くことと、精密であること。暴発してスカッドタイプの短距離型を日本の主要都市に打ち込むならば、きっと水戸は打ち込まれなくて、宇都宮とか前橋とか高崎を狙うでしょう。天気予報もだいたい北関東は宇都宮が代表ですから、ガンバレ栃木。

グアムに打ち込んで米軍総攻撃となると、一週間ぐらいでおわりそう。先日航空自衛隊のF-2とレーガンの金食い虫だったB-1爆撃機が一緒に飛んでました。ステルスではないB-1で十分であるという、米側の表明なのです。

官製手動のデモ行進やらアジテーション演説を見ていると、なんだか懐かしい気分になります。

実際に、北の国の将軍様がもう捨身で命令を出ししたら、きっとソウルは火の海。攻めてきた北の勇敢なる兵士は、韓国の発展ぶりに驚愕して戦争にならないかもしれません。ヤックデカルチャーな感じの異文化コミュニケーションです。

たぶんテレビ局も攻撃されますが、被害を受けたテレビ局職員の方に
「あなたにとってミサイル攻撃とは」
「いまどんなお気持ちですか」
なんて聞けません。