人感センサー付LEDライト

家の照明を自動点灯式に交換。工事ではなく、ペンダントライトを外して代わりに人感センサーつきのLEDを嵌めるだけ。家のコンセント側が旧式なのかネジ頭が出張っていて、分配ソケットをゲタ代わりに間にかまして交換完了。

いままでお茶をもってそーっとスイッチを入れていた電灯も、もうこれからは自動で付く!

便利!

そして今、電球自体に人感センサーが付いたもっと便利なものを発見。


球の先端にセンサーが付いててオンオフが電球内部の処理なので、電球交換でセンサーライトになるという優れもの。

今日は廊下の白熱球を交換。一台あまったので居間にある古い40年前のペンダントライトを降ろして交換の予定。家中がどんどん白熱球の色に起き変えられて安い居酒屋みたい。

シーリングボディ

天井からペンダント式ライトを吊す受け具をシーリングボディという。ツメが付いて引っかけ式なので、引っかけシーリングボディ。本日買ってきました。

1箇所破損してるので交換します。差し込む電線がたしかヨリ線で圧着端子付でしたので棒端子を念のため買います。もしかすると使わずに済むかもしれない。そしてふたつしか使わず工作机の引きだしでこれから数十年使わずに残るとおもう。

プラモ作らない

いまだにお盆というものがよく分かっていない上に、ハロウィンなどと言う洋物のお盆を増やされてもこまるばかり。

涼しくなって読書量が増えるかと思いきや、本自体を買っていないし本屋に足が向かない。工作をするかと思いきや、さして作る物もなくて、なるほど、こういうとき模型なりプラモデルを作ると面白いのだろう。ゼロから作るのではなくて完成の予約があった上で作業ができるのは、ゼロから、失敗するリスクを含んで工作するよりも簡単である。

だからといって模型を作る気はなくて、造形にあまり執着はございません。ぱっとみて目の前にサンダーバード4号のミニカーがありますが、今居る部屋で模型らしい模型はありませぬ。

最後にプラモデルを作ったのは何時だろう、そう、親戚の集りで旅客機を作ったあのときが最後。いまなにか模型を作れと言われても本当にこまります。半年くらい前にフィギアを処分したら翌月サービスでフィギアをいただきまして、もうああいう形あるものを愛でるワタクシにとってはまあすごく邪魔であります。写真集とか画集はみますけど。

ペンキ塗り棒

ひさしぶりに遠くのホームセンターに行く。二階のアートコーナーで黒檀を持って重さを感じる。

特に買うもの無し。1階の塗料コーナーにあった千円くらいのアルミ伸縮ペンキ塗り棒。最大3メートル以上になり家の外壁も濡れます。ハケを使って塗るときの延長棒になり、ふつうのペンキ塗りようのハケがそのまま取付けられるアタッチメントが売ってまして、これがあればきっと2階の側面も塗れるのだなと思って用事を済ませて帰宅。

ゴミを持ち込まない

涼しい。といってもまだ30度近い。台風前が以上で、いまがふつうなのか。このまま涼しい夏がつづいて欲しい。海の家経営やら水稲栽培の都合を考えずにうかつに願ってしまう。

いつもの夏とちがうこと。水害の恐怖感。家にある不要な物をすこしずつ撤去する所存。先日物置の中味を処分せんと触って見たけれど暑くて断念。涼しくならないと撤去作業自体着手できず。

要らない物を書き出すと良いのかもしれません。訳の分からない工業製品とかごろごろしてますのであれを先ず処分したい。どうして謎の邪魔な物がおおいのか。DIY やメンテナンスを趣味ではじめると道具がふえて場所を塞ぎますこれがかなりの大問題。

玄関から奥にダンボールを入れない作戦は功を奏しました。とにかく入れないコトが第一。