機械油の体

子供電話相談室に、天文とか動物とか虫とかが専門の先生がでてきます。「女心」のわかる先生は居ないのでしょうか。小学生だって聞きたいことはあるでしょう。

問題は先生。「おんなごころ」と書くと、スナックの常連客のオジサンがでてきそう。常にゴルフウエアね。

理想は、リリーフランキー先生ではないかと。あとホスト?ただあの人たち午前中の早い時間帯はまだ酔いが覚めていないので、ラジオ向きじゃあない。

さて本日は久しぶりに工作。軽めの朝食をいただいて、ふと足下に転がって居る部品をみたらなんだか無駄に思えて軽量化をはじめました。途中、ものすごい堅いミントケースサイズの板がでてきて、ステンレスなら諦めるのですがヤスリが入ったので切ってみました。切ってみるとやっぱり堅くて切れません。切れはするけど進みがワルイ。

歯をみると使い古しのピッチ24歯が付いていたので、先日購入しました目の細かい32歯と交換したらまあまあ切れます。熱をもち、機械油を差しながら切ると熱で油が気化します。気化した油は顔にまとわりついて顔が機械油臭くなります。使う前のウェスで拭くと、自分の顔の油ではなく機械の臭いがするので、機械の体を手に入れたっぽい。


機械の体と言えばこちら。若者は下を想像するの?

切り終えた切れ端は、あまりの熱で指で触れず洗濯ばさみでつまんで持ち上げました。他の部品も削れるところを削って軽量化。当初考えすぎていた部品の組み合わせは、軽さを求めて木材の多用する方向に進んでいましたけれど、いざ手持ちの材料を並べると、一尺ほどの建築用座金が一番使い勝手がよく、鉄ゆえの重さに問題がありますがそれを越えてなお加工性と強度が頼もしい。ほかに分厚いアルミを切ってみた。少々長めの工作しない期間があるため、切る物すべて微妙に曲がるのは困ったものです。

最後に一番堅い金属のバリを取る過程で指を浅く切ってしまいました。怪我したので、機械の体ではないことが判明。

ふるいちいさいメガネをかけたら#ショウ・タッカー風、そして顔が油臭い人。

常に営業所に行く

小売店がなくなっているらしい。北米は広いゆえ通信販売は盛ん。ピックアップトラックで遠くのショッピングモールに1週間分の食料を買いに行くなら、アマゾンでいいやと切り替わるのは自然なことです。

日本も、小売店が無くなる日が来るかも。まったく個人的な話をすると、食料品はどうにかなるのですがアイスクリームを気まぐれに買いに行くお店がなくて困っています。コンビニは全体的に遠い。思いつくだけで4件あります。いちばん近いところは行くと犬が店番をしていて、なんだか割高。ほかは三軒はメジャーの看板を背負っているのですが、なんだかどれも遠くて、我が家から同じくらいの距離にあるみたい。

宅配の受取りが面倒臭くて。

もう、自宅ではなく営業所留めばかり使っています。今は個人宅配のない日通は毎日通っていた時期があり、宅配の営業所の雰囲気はよく存じております。

いまはもう郵便局も局留めにしてます。佐川の青いドライバーさんにか申し訳なくて局留め。水戸見川の営業所は、千波、緑岡方面から行くとなぜか毎回道に迷うので、ストリートビューで下見してから行くことにしてます。

うちの近所のヤマト営業所は道路に囲まれたへんな敷地にあるので出入りが厄介。近いけど。

みなさんが行ったこと無いのはきっと福山運輸。いまぜんぜんなにを取りに行ったか思い出せませんけど、中に入ったことはあります。だいたい薄暗い。

さらにご縁のなさそうな運送会社でいうと、西濃運輸。ついに先日取りに行きました。なぜか西濃縛りのショップのおかげ。個人向けも営業し居てます。夜中に行ったら暗くて人が居なくて星がきれいでした。たしか真夜中でしたが、夜中走るトラック野郎は真夜中に荷を積んで走り始めるのでいちばん活気のある時間帯で、ある意味迷惑。つぎ行くときは昼間にします。

すのこを買う

今日も地震。揺れ方がマイルド。

立体交差で渋滞中、したの餃子屋からの臭いに包まれる。

夏、快適な眠りに「すのこ」が有効と聞いたので、購入。ガーデン用、押し入れようも安いけれど、上に乗りますので、丈夫なすのこにしました。板幅にくらべ隙間が狭いので、通気性はいまひとつのようです。押し入れようのほうが板幅が狭く隙間も大きく、桐らしいのですが、桐っていってもピンキリです。ガーデン用は防腐加工済であったり、謎の材木なのでやめました。たぶん私が選んだのは杉の間伐材かなにかでできたものです。

快適に眠れるか比較したいのですが、今日はわりあい涼しくて、すのこの効能が発揮されるのは明日以降のお楽しみです。

一週間があっという間に過ぎてしまうので、趣味に時間を割こうと思います。

あと、関係ないけど日本経済新聞の折り込み新聞に、「君の名は」特集があり、その継いでに宮崎監督の名前がでていました。経済にはお強い日本経済新聞の記者におかれまして、アニメ監督の名前はそれほど重要ではないらしくて「宮崎駿夫監督」にされてます。私の知らない場所にいる、謎の監督っぽい。

鮫と地震

ひさしぶりに車が揺れる地震がきました。地震だ、でかいぞ、外へ逃げようの順番。でかいぞの次に「カメラを取りに行く」を排除しているのが大人のわたし。えらい。褒めて欲しい。本当は、どのルートを取っても、いついかなる時にでもカメラを持っていることが理想なのかもしれませんけれど、邪魔でしょ?

また今日も、海水浴場はお客を陸にあげたのか気になります。そして、日立の海水浴場に鮫。鮫ぐらい居るだろうとおもうし、市長は鮫が居ても開けるべきで、警察署長はたしかにやめろと言うかもしれませんが、大人しい鮫ですから。

クーラーの効いた部屋に居るので長袖生活です。クーラーの吹き出し口の向きが気にくわなかったので掃除機の柄でつついてみましたが、オートルーバーの自動首振り式のため、まったく意味なく、相変わらず冷たい風が吹き付けます。

なるべく長く寝るようにして、体を休めていますが運動不足の解消にはならず、この点をなんとか解決したい。でも朝わざわざランニングをするほどがんばれないし、歩こうと思っても歩く理由がないのです。車社会はあんまり好きじゃなくて、道路はかならず自転車と歩行者用をつけて、ローラースキーの練習ができるくらいになってはじめて、一等国であると思うのですが、いかがなものでしょう。

アルミを切ってみたり

本日の仕事ぶりにご本人は満足のご様子。

コタツの敷布がほこりっぽくてそのまま仕舞えず放置。いよいよ洗濯。家庭用でギリギリ洗えるサイズ。前回洗ったのはいつだったか、覚えていないから10年ぐらいごまかして洗ってないかもしれない。すごく重くて、コインランドリーの大型機で洗ってみると、濡れているのになぜか軽く感じます。炎天下の中車の屋根に干して乾燥すると、どういうわけかホコリっぽい。もう1日乾燥の予定。

素材の購入。カメラを体にまとう装置の改修工作中。アルミの薄板を50センチほど切断しました。工作はたのしい。破壊衝動の代わりになるので、物を壊さずに済みます。マーリン用vestをexovestふうに改造中なので、切り出したアルミ板を並べて、なんとかならないかと現物で検討しております。

ちいさく畳んで分解を不要にする構造にするか、分解を前提に収納時有利になる形にするか判断しかねております。腰と肩の外骨格部分を鉄でちいさく作って畳めるようにするか、アルミで大きめに作って分解バラバラにできる構造にするかなやむところ。


さすがこういうところにexovest。フォーカスは日本人っぽいし現場のスタッフは国産多いけれど、カメラと振り付け(監督?)がどこかの人です。カメラの高速寄りからのふんわりブレーキってあのワザは、そう簡単に手に入らないわけで。