ヘッドライト交換

夕方給油。料金を機械に入れて給油をしてもらう半分セルフのお店。ライトを付けたまま車から降りて窓を拭いていると、左のヘッドライトが消えてました。

さてどうしましょう。日曜まで放置するか?いやいますぐ交換したい。ではヘッドライトの電球はどこで買えるか頭の中で探すと、黄色い帽子のお店が思い浮かびました。もう一軒、別なカー用品店に義理があるのですが、夜間整備不良のまま遠くの別のお店に行くのも気が引けます。自動車のディーラーでも買えますが、黄色い帽子のほうが近くて入りやすい。

車を変えてからはじめての電球交換です。カー用品店の外灯の下に止めて、ボンネットを開け夜の暗がりのなか手探りでヘッドライトを外しにかかります。ソケットを外してゴムのパッキンを取り除き、指先に触れるハリガネを押込むとロックが外れて電球を取り出すことができました。

さっそく電球を持って店内へ。2つセットのハロゲンやらLEDの箱着き電球の棚を眺めてみましたけれど、電球の土台が見えなくて、いまひとつ規格が不明。刻印された数字がいっぱいで分らなくて店員さんに聞きました。すると、となりの簡易ブリスターパックの電球コーナーから同型を出してくれます。一見すると高校生にも見えかねない娘さんでしたが、なかなかどうして。

電球が切れたときは左右とも劣化しているから、かならず左右同時交換せよと常々教わっておりましたので、おなじ電球を2つ購入。いちおう2倍長持ちの、ちょっとだけお高い電球にしました。すぐ横に化粧箱入のもっと高級なLEDやらは、付けてもよいのですが目立ちたくないので通常の色味にしてます。

お店の駐車場で早速取り付け。接点保護グリスで手がべとつき閉口しましたが5分ほどで左右装着完了。世の中の景色がヤケに明るい。

いまふと気が付いたのですが、白熱球の2倍長持ちよりLEDのほうが長持ちする?

亡命兵士は天涯孤独なのか

北の亡命者が逃げるシーンをときどき見てます。あの距離なら当たります。痛そう。

北朝鮮の兵士は押っ取り刀で駆け付けてハンドガン二丁とカラシニコフ二丁で撃ちまくってますが、あのとき亡命者の体の中はアドレナリンで一杯ですから、撃たれ強い。ライフルマンはすぐに伏せ撃ちしましたけれど、あの距離なら伏せなくてもと思いました。撃つときは伏せよと体が覚えてるのです。

拳銃使いのほうは泡を食って撃ってますからひどいもので、まあよく当てたものです。なにせ友軍を撃つのはためらいます。明日のご飯に事欠くある国のこと、警備兵ぐらいの身分では、きっとハンドガンの練習しません。それでも座って膝撃ちすればもうちょっと当たっていたはず。

拳銃使いは、ライフルを構えて伏せてる兵士の前をふらふらと横切ったように見えました。なかなか怖いものがあります。

まあいちばん怖かったのは当人。つぎに、倒れた亡命兵士を引きずって救助した国連軍兵士。サーもスタッドの映像をみると結構な出血をしてますので、良く助かったなと感心しております。最初に「少女時代」を見せるのはどうなのかなとは思いますが、たとえば日本に亡命兵士が駆け込んできて同じコトになったら、きっとAKBのなにかを見せるに違いありません。

亡命兵士がひとり逃げることで、故郷の親族はきっと収容所送りになるでしょう。取り逃がした兵隊さんたちも、はたして「よく撃った、これが勲章だ」といわれるか、「なぜ取り逃がした!」と怒られるかは上層部というか「彼」のご機嫌次第。どうなるか分りません。

逃げた方ももうちょっと考えればいいのに。国連軍の建物に突っ込むとか、射撃をためらう位置に正々堂々と走り込むとか、30センチの棒をアクセルに挟んで自走させて気を反らせたうちに走るとか、次の亡命者は工夫しましょう。

それにしても毎回映像にでてくるあの対物鏡のフチが金色の双眼鏡はなんなのでしょう。あの場所を金メッキしたら反射で主鏡に光が入って使い物にならないと思うのですが。なぜ金メッキなのか?もしかするとあの双眼鏡は友好国のロシア製ではなく、日本製を塗り直したものかもしれません。良くあるツアイス型ですから、安価でそこそこの性能のモデルは日本製がてっとばやい。しかし、そのまま使いたくないからと、メッキしたのではないかなと。

正恩氏の双眼鏡は? | ホマレ式♪猫エンジン – 楽天ブログ

あー、中国製のほうが入手しやすいし、へんなメッキしそう。金好きだし

家の壁にペンキを塗る

自宅の外壁にペンキを塗りました。古くなって塗装が落ちて来て、外断熱材でも貼りたいぐらい。

壁の色に近い2000円ぐらいの水性塗料を用意します。ついでに水性用のハケ。斜めグリップが着いた50ミリ幅くらいのもの。手の届く範囲を塗り尽くし、ついで上の方にも塗りたくなりました。1メートルの15ミリ径の棒を用意。ハリガネで直角に取り付けて塗り進めます。当初ローラーを買いに行こうかと考えましたが、やってみると意外にできてしまいます。このあたりは器用というか貧乏性と申しましょうか。

その辺にあった棒とハリガネが重要です。「ペンキ塗りローラー」を使う案を捨てます。ついで完璧な棒とハケのつなぎ方であるとか、市販のクランプの導入を捨てます。新たに「何かを買いに行くこと」および「道具がないと上手く行かないのではないか」という不安を同時に捨ててます。この、捨てる行為が若いときにはなかなか出来ませんでした。いまは雑にはじめて、あとから方針転換をすることにしてます。だいたいやってみないことにはなんでも分らないので。

二段ベッドの周囲を囲って部屋にしたい

四畳半の内壁に断熱材を貼ってそのうえから化粧板を当てるか、二段ベッドを買って周りを囲って暖かい空間をつくるか考え中。

寒くなってきました。朝起きると寒くて凍えます。夜ネットを見ていると足先が冷えて、冷えたまま寝るとなんだか体調がよくありません。バターたっぷりの何かを食べるアラスカやモンゴルの食生活もすぐに胸が焼けてしまいます。だから暖かさを求めております。

思い当たるのはふたつの方法。ひとつは居室全体を断熱する方法。思い当たるのは四畳半です。四畳半を上手く断熱すれば、あまり暖房を使わずに済むのではないか。ワタクシファンヒーターもクーラーも苦手で、湿気のあるなんとなく緩い感じの暖かさというか冷ための空気を好みます。

二段ベッドや下の空間が使えるハイベッド、ロフトベッドというらしいこのタイプの家具を買おうか迷ってます。

コレを買ってきて、あとは周囲を断熱材で囲ってうまく小部屋に仕立てます。空間はひどく狭くなりますが、自分の輻射熱やら中に入れてるパソコンモニターの排熱でそこそこ暖かくなります。

四畳半三面の壁に断熱材を押込んで、たぶん10000円かからないので断熱材作戦のほうが安くなりそうです。ただ、窓の処理が難しい。わざわわさ二段ベッドを買うかどうか。おそらく今年の冬を暖かく過ごすために今決断しておくことで、たぶん壁に貼り付けてなんて作業は面倒なので進まなそう。手っとり早く二段ベッド、あとは布でもキャンプマットでも貼り付けて完成するベッド作戦に心が傾いております。

そしてパンクはしていない

パンクしたと思われたリカの後輪タイヤ。空気を入れて1日おいてみたら、まったく変化なしパンクしておりません。もうこのまま使うことにします。ただ、日曜にチェックしたらトゲを見つけましたので、ときどき外側を外して刺さり物がありやしないかチェックするのは大切。長距離をはしるとどうしても何か踏んでしまいます。

あんこう祭でイギリス軍の装甲車はちょっと見たかった。そのためにあの黒山の人だかりの海に分け入る気にはならなくて、なんとなく近くをうろついただけで満足したのでした。昨年と同じ轍を踏まないように、公共交通機関と商店街の実行委員が展示場所を海寄りにして、茨城交通は那珂湊より臨時便をだし、鹿島臨海鉄道は新型車両を投入し臨時駐車場を完備して渋滞が起きなかったことをココに記しておきます。公共交通機関のプロがチカラをだせばこんなものなのです。去年がひどすぎ。撤収のときにちょっと見ただけですが、交通整理と警備員と応援の警察が相当数投入されていました。ガルパンさんはおとなしい人ばかりで、額面上の数字に比べると恐ろしく平和です。たぶん大洗一中の修学旅行を引率するより楽かもしれない。

祭りのあとで本日は通常営業で、夕方のニュースで量子コンピューターの話とAI搭載ロボをつくって軍事作戦に投入する話をニュースで聞いて、バク宙する人型ロボの動画を見たばかりですので、もう私の中では「ターミネーター」と戦う未来が決定。あとはいつ来るか。抵抗軍兵士は犬を使ってロボを見分けます。私はあまり動物が得意ではないのですが、いざというときの為にイヌさんと仲良くするよう善処の所存。当然抵抗軍側です。

映画「ターミネーター」にでて来る人は、日常生活でであったら即警察行きですね。「ボクは未来から君を守りに来た」っていわれるサラコナーも良い迷惑ですし、未来から送られて来たロボと戦った話をされる例の精神科医の先生はいつもひどい目に遭って同情を禁じ得ません。コナー親子にはなるべく出逢いたくありませんね。「ボクはザルドスから来た」という蒼き流星SPTレイズナーのエイジ並みに居たら迷惑なタイプ。