近場をサイクリング

ちょろっとサイクリング。腰が痛くてしてなかったサイクリングを復活しました。途中、解体中のデパートを写真に収めたりぶらぶらと。一瞬大洗まで走ろうかとおもったのですが、家を出るとき小径折りたたみでカメラを担いでしまったので、川沿いのコースをとりました。

途中、鵜なのでしょうか、鳥の群れが飛んでゆきます。きれいなV字編隊です。先頭を飛び続けるのは辛いのか、ときどき入れ替わります。野鳥は疲れて速度が落ちて後ろが団子状に停滞して、なし崩しで入れ替わります。自転車のレースのような「次は俺が行くぜ」とはいかず。遠いはずなのに頭数が多いから羽音が聞えます。

サイクリングで走った川沿いの団地で火事があったみたい。帰宅後深夜に気がついた。すぐ横を通ったのに鳥に見とれてまったく知らず。今朝遠くでサイレンが鳴り、どうせ遠いだろうとふとんからでずにやり過ごしましたけど、ニュース映像見る限りココだ。三人怪我だそう。

裏道にあった無線屋が解体。こどもの時「ハムセンター」の文字をみて、スライスハムかとばかり思ってました。もう時代は無線ではなくて、「ハム」も通じなくなるのでしょう、いやもう通じない。

出かけに速い自転車を選択して出かけていたら大洗に行ったかもしれませんが、行かなくてよかった。やっぱり深夜に地元のニュースを探していたら、大洗磯前神社の近くで人が海に落ちたニュースを見てしまいました。そういう現場にいたくない。水難の場合は子供は助かるんです。助けに入るとヤラれます。

大洗のココスでフェアがあってガルパンオジサンが集結してます。みんなジュウジュウとハンバーグを食べてクリアファイルをもらうのです。私は水曜日にいきおいケーキをたべたので存じております。雨が降ろうとガルパンさんは大洗駅から歩くのです。私にとっては駅からココスも遠いけど神社はもっと遠い。ガルパンさんはきっと歩く。

そしてココスのお姉様店員はケーキを頼んだら「パンツァーケーキ Ⅱ(ツヴァイ)」という名。ウエイトレスがツバイというのは初めて聞いた。

踏切で鹿島線のⅣ号を見かけました。

サイクリングもほどほどに

ブログの予約投稿が上手く行かない。挙動があやしい。

毎日同じ生活をしていると、楽ですが時々何か物足りなくなります。

何で埋めるか。さくら市の自転車のイベントが気になってます。
[リカンベント]咲くライド・さくら市2017 – YouTube

参加費をケチってサポーター参戦でも構わないのですが、ボランティアのサポーターは参加者のパンク修理に付き合わねばならないので面白くない。自分の自転車はなんとか修理出来ますが、よその人の自転車は手を出しにくいのです。

どうして修理のお手伝いに手をこまねくのか。

世の中には自転車のタイヤにへんな規格が沢山あるのです。直す方が大変。レース用は普通の空気入れでは対処できない高圧タイプがあるといいますし、スポーツ用の「リム幅」、タイヤの銀色の部分の外側の幅も何種類もあります。ある程度融通はききますけれど、幅に合わせてゴムを対応させねばなりません。

タイヤのゴムを引っかける方式も、WOとHEとあり、現存するのか謎のチューブラーも含めるとザット三種類。空気を入れる口のバルブも英仏米と三種類。タイヤサイズもいろいろありまして、折りたたみは22インチとか入手しにくいのです。

部品自体は割と互換しますけれど、マウンテンバイクのハンドルの軸は直径がいくつかありまして、もうなんだかわかりません。ときどき見かけるおそろしく太いタイヤのファットバイクにいたっては、もうインチ数とか幅とか謎。アメ車の特徴は、ネジのアタマの幅までもインチだったりしますから、そのときは工具が使えません。

個人輸入やらちいさな商社がそのままもってくると、手持ちのネジ回しが合わないことがあります。通勤通学用限定ならまだなんとかなりますが、ブレーキもディスクブレーキやらいくつも種類があって私レベルではさわれないのです。

サクラライド、雨は嫌。38キロぐらいで十分かもしれない。ひたちなかのサイクリングはちょっと短くて、20キロぐらいでしたか。張り切って70とか80キロ走って体を痛めるなら、ほどほどがよろしいかと。

タヌキが一杯

朝、水戸駅前から1キロくらいのところでタヌキが倒れてました。駅見えるところ。自然が一杯。散歩してたらキジに遭遇しますし、もうちょっと警戒しましょう。イヌの散歩にキジは動じないし人慣れしすぎじゃないか。

また別な朝。救急車をやり過ごします。どうも協同病院の方に向っているようなコース取り。進行方向の空にドクターヘリが飛んでました。協同病院にヘリコプターは降りられませんので、近くの偕楽園から見える千波公園に降りるのかと目で追っていると、どうも水戸の日赤に向っています。前回たまたま公園にいたときにヘリが折り来てました。そのときは数分間旋回してから降りましたから今回も近くを旋回して人払いの時間を待っていたのかもしれません。まったくの別件で、たまたまそのタイミングで動いていただけか。出勤時間帯でしたので最後まで確認はしていません。

イプシロンロケット

鹿児島のイプシロンロケットの撃ち上げは美しい。雲のない高い空は風向きが複雑です。むかしおそろしいくらい流れ星が落ちたとき、流星の痕跡を観ていて、下と真ん中と最上部で全く風向きが違い、くねくね曲がる様を目の当たりにしています。

鹿児島は遠い。科学オジサンのうちの、打ち上げが延期してもなんとかなる自由業の方たちが話題にしているときは、こんな幻想的な映像がでてくるとは想像すらしておりません。

#イプシロンに関するTwitterニュース

水戸城瓦塀

水戸城の瓦塀を見て参りました。瓦の隙間に粘度を詰めて構築した壁。時々鉄砲の玉が出てきます。戊辰戦争でもないし戦国時代の闘いのあとでもなく、幕末の内紛のときの玉。水戸藩の内紛は弘道館戦争と呼びます。

藩校の弘道館と、大手門までの距離は橋を挟んで100メートル程しかありません。

当時の火縄銃の最大飛距離は100メートル程と言われています。先日松本城の火縄銃保存会の人が持ってた防御用のロングモデル火縄銃「狭間筒」は50メートルでマンターゲットの中で特定の部位が狙えると仰ってました。ヘッドショットも夢じゃない。「狭間筒」は飛距離も200-300メートルはあるので、狙ったとおりに当てられる有効程距離はとても長くなります。大手門からまっすぐ弘道館の壁まで届くことでしょう。

大手門の前は橋がかかっています。左右に土塁とがあり現在は車道になっている深い谷を挟んでますからきっと戦闘は降着したでしょう。

攻めの兵力は一般的に守りの三倍必要と言われています。会津戦争から敗走して帰ってきた諸生党が、陣地を固めた城の天狗党を攻めて、多少戦闘慣れしていたとしても防御陣地を落すのは苦労したに違いありません。

今の水府橋の交差点と、丸井のある水戸駅までの500メートルを長いディフェンスラインととらえた場合、城にいる天狗党側は常に高い位置から撃てます。それに引き替え諸生派は常に下からの撃ち上げ。移動部隊ですから兵力は少なく、橋を使った一点突破で城門を打ち破るのは難しい。

当時の性能の良くない火縄銃で撃ち合う限り、城内に武器と食糧かある天狗党のほうが長期戦に持ち込む余裕のあるぶんだけ有利。守備が有利な理由はいくつかありますが、守備用の「狭間筒」があったと仮定しましょう。守る側は重い長距離狙撃用の火縄銃が使えますが、歩兵はふつうの火縄銃しか担げませんから、歩兵用の軽い火縄銃しかない。この射程距離の差は大きい。

Vol. 386 茨城県の医師不足を考える: なぜ、水戸市に医学部がないのか? | MRIC by 医療ガバナンス学会

弘道館(水戸市) | 観光いばらき(茨城県の観光情報ポータルサイト)