服と棚を買う

あまりに寒いので温かいツナギの服が欲しかった。近くにシマムラはない。部屋着のツナギなのでワークマンのきっちりした物で無くてかまわない。

どこにうってるのかしらんと、運転手に聞くとドンキが良いと提案される。

早速ドンキホーテへ。防寒グッズがなんでもある。品揃えがステキ。裾を切りすぎたジーンズに合う部屋履きの保温ブーツを購入。

買う予定の無かった棚。安いけれどひと夏越えられなさそうな華奢な構造。箱がヤケに小さいのは中味が細かい部品でできているからで、組立てに小一時間浪費。でもこれ千円以下で買えるのはなかなかである。素材はどうやったらこんなに似右薄にできるのだ?と不思議に思える鉄パイプとプラスチックのジョイント継手と不織布でできている。ダンボールよりは多少マシかなというくらいの強度。

ジョイントへテキパキとカマボコ板でパイプを押込み怪我もせず棚が完成。

靴箱にします。もうひとつ買っても良いかなと思う。

スキー場にバスで行きたい

ついに雪。北の山沿い初雪ふるる。今年は一度ぐらいスキー場に行こうと思っております。塩原かあのへん。まず手前の駅間手移動しまして、そこかは送迎バスがあるはず。スキー場のゲレンデ直下までいく道路に積雪があるのでそこだけ回避すればたどり着くはずです。

問題はお天気次第であること。バスの出地までノーマルとチェーンくらいでたどり着ければこの作戦ていけるはず。

コタツの謎

すごく寒いのでコタツを出そう。去年は出さなかったような気がする。どうやって冬を越したのか記憶にないので、本当に謎。コタツをどこにどう設置したのかが曖昧。コタツを置きそうな場所には工作の残骸があり、これがもう1年以上前からそのままのような記憶もあり、謎であります。

孤独に強いタイプ

フィギュアスケートグランプリファイナルのフリーを楽しみにしていたのに先に結果を聞いてしまってちょっとがっかり。がっかりしたので腹いせに大河ドラマの「西郷どん」の西南戦争編の結末言っちゃうよ?彼は死んじゃうんだから。

それにしても紀平選手のショートはすごかった。

浅田真央選手が初戦優勝して以来13年ぶりなんだそうな。たぶん13年前ってなぜか記憶に残ってて、2005年って福島の温泉旅館のテレビでみた気がします。

2005年はまだ友達と泊まりがけで温泉とスキーなどして居たのですが、そのあと単独行になり、スキー自体いかなくなり今に至ります。その前後10年は滑っててうち5年はシーズン券を買ってました。何していたのでしょ当時のわたくし。やってることはスキーなんですけど。

今より孤独に強かったみたい。

グランプリファイナルを見た

グランプリファイナルを見ていた。ロシア選手がミッションインポシブル2(たぶジョンウーのハトでるの)とMr.&Mrsスミスとアクション映画を踊りおえて日本選手になったら地味。でもよく飛んでる。あれよあれよという間にショート今期最高得点。体が思い通りに動くのはすばらしい。

数年前か音楽に歌詞がついて、少々うるさい。歌詞はなくてもイイと思います。