鉄にマジックテープを接着する人たち

ベスト設計中。腰の部分をまともに縫うとお裁縫距離2メートル。

縫い物を諦めて鉄と布と接着材に置換えると縫わずに済む。

今回は接着材かな。昨日の夜中までは壮大な縫い物計画をしていたのに、今日の夜ちょっとうたた寝をしたら縫う義理が無いことに気が付き今に至ります。てもちのカメラ機材を見るとインド人もUSAの人も、なんのためらいもなく鉄にマジックテープを接着するんです。

腰のサポートクッションも、当初小袋を作って中にウレタンを収める予定でしたが、ゴムを接着材で積層にしてアルミに接着してお終いでよろしいのでは。どうしても外側を布にするなら、布も接着に。クッションの外側に布を巻くなら、靴下とかちいさなキンチャク袋かなにかで。黒ければだいたい解決。

サポートクッションと腰ベルトの接続方法は当初ネジのつもりでしたが、もし私がアメリカの田舎町に住んでる不器用なだれかなら、たぶんハリガネで縛ると思うのでネジ以外の方法も模索中。

腰ベルトは二センチ幅の建築金物を使います。外側は面倒臭いのでビニールホースかドロップハンドルのバーテープでも巻きます。クッションはポケットティッシュ3袋分ぐらいの物体を想像して下さい、そしてそのティッシュの固まりを鉄の腰ベルトに結びつけるのです。

ネジをつかうと、台座の板が必要となり、折角鉄で強度を上げたベルトに穴が必要になります。いま、卓上ドリルの上に段ボールの箱が乗っているので、できればドリルを使いたくないので、どうしましょう。

やっぱり鉄の板に接着材で布を貼って、ゴムホースに差し込んで、クッションを紐で縛るが単純でいいかもしれない。紐は靴紐。クッションは焦げ落しがついたキッチンスポンジを縛り付ければ機能は充分かもしれません。ちょっと雑ですね。

カメラ用ベストの改良と肩の部品について

ベストの肩に当たる部品

ベストは前にY字の金具が付いて背面に金具ナシなのですが、今回わたくしの都合で背面にもY字の金物を取付けます。前後のY字を肩の部分で繋ぐ部品を作り始めました。肩の部品をダンボールで仮に作り、ためしに二時間ほどベストを着用したまま過ごします。

想像していたとおり、肩のダンボールは立体にしたときに力がうまくかかるように作ると体に馴染みます。多少動いたり、実際にカメラ、スレッド、サポートアームの負荷をかけたとき、背面のY字と肩の前後連結パーツを繋ぐ部分に大きな負荷がかかることがわかりました。ダンボールがそこだけぐしゃっとシワになります。

作ろうとしているのは、アンドロウルフで言うところの肩のとんがりです。マサルさんの金のパーツ。

あんなに縦に尖りませんけど。

仮縫い

アルミを切ってみようかなと材料を用意したけれど、なんとなく気が進みません。堅いアルミで作ると、運搬するときに邪魔です。ネジを使って分割するのは、手間です。アルミではないほかの材質を考えますと、ゴムが思いつきます。実際ダンボールで作って着用してみると、肩の部分は肩の丸みで保持されますので、アルミ必須でもなさそうです。ハードシェルを作るために、堅い材質を使うのは当然ですがゴムと肩の保持と張りで似た構造を作れるならばそれはそれ。ゴムにすることで分解せずにそのまま運べますし、首の近くなのでゴムのほうが安心感があります。おそらく、アルミで作ると弱い部分から破断しますから、触れると怪我するであろう破断面が怖い。ゴムも壊れるときは裂けてしまいますが、ゴムの破断面は怖くありません。五ミリ厚程度のゴムシートを買ってきて作ることにします。

腹巻き

腹巻きは、どうもステディカムパイロット、マーリン、いまはSOLO用のベストは正直腰周りの構造が貧弱で、どういうわけか樹脂の板とボルト頭が腹のほうを向いています。ベルクロとマジックテープで対応範囲は広く便利ですが、腹巻きは前部分にしかクッションがありません。あんまり納得出来ない構造なので、イギリスのアマゾンなんて前のパーツが逆についたままの商品写真を上げているくらいです。

本式のムービー撮影用の上位は完全に腹巻きが胴回り1周分あり、そのうえにカーボン、樹脂の外側シェルがついています。

Modding the EFP Vest – Vests – The Steadicam Forum

[FS: GEAR] Steadicam Ultra Vest
本式用のベストは前の部分にクッションが入り、肩の部品もsolo用は布ですがウルトラ用のは樹脂です。

もしかすると、肩周りを樹脂に置換えた方が早かったのかもしれない。ABSの5ミリ厚ぐらいの非常に融通の利かない板なので、たとえばウルトラのベストを手に入れたとしてあの形のまま運ぶことになり大変です。

夜に、ダンボールで腹巻きを作って体に合わせてみました。腹回り1周分をなんの変哲もない筒状に作り、中のウレタンの肉厚を変えて立体として体に合わせると、いまより使いやすくなるはずです。現状ダンボールは10センチ高なので、これを半分にしましょうか。理想は、十センチのなんでもない筒状の外側に鉄またはアルミの幅広板をつけること。

できればマジックテープは廃止。強度と可搬性を考えて、もうちょっと納得出来たら作ります。

C字型のアルミ板

緩く弧を描いたアルミ板が必要。首の左右に配置するので、鋭利なのは無理。厚味もほどほど必要で装着時片側が外れないとなりません。赤ちゃんのよだれかけのアルミ板版です。

外側の曲面はわりあい簡単にきれますが内側はノコギリの刃が入らないかつ曲げて切れません。ドリルで多数の穴をあけて、穴同士を繋いで切る方法もありますが、結構手間がかかるので避けたい。喉下のパーツでそのような構造を作ったことがありましたが半日かかったような。切り方にコツがあり、途中でくさび形に刃入れて刃の進み方を変えます。具体的に切ったモノは手元にありますがどうやったのか忘れました。

アルミ板を三枚ぐらい繋いで、途中にリベットを打って曲がるようにすると工作は簡単かもしれません。折り尺

みたいな構造にすれば、曲げて切らずに済みます。二つのパーツに別けて半月をふたつ繋ぐのでも、なんとなく行けそうな気がしてきました。

ありものをそのまま使うが理想ですが、100円ショップにそれふうなモノがあるでしょうか?

最終目標は、アルミ板のリングに首を突っ込んで着脱するなので、腕時計の金属製ベルトのような構造にすると、なんだか着脱が簡単そう。ネジで脱着は億劫になりますしネジ無くしがち。

L字に材木を継ぐ

L字型の材木を捜しに行きました。端材のワンバイフォー材をふたつ組み合わせて、2×4材コーナーの金具でネジ止めが最短。ただしごつい。金具は随分良くなってテーブルやらベンチを作るときに、こんなに良い金具を使っているのですかアメリカ人よ。

樹脂で十字やら丁字に組むための樹脂製部材。これ使うより直接ドリルしたほうが早くないですか?見栄えはいいのかもしれないけど、結局2×4ですから、見た目で樹脂連結部を作るのはなんだか違和感。だって斜めに天カルの3.5ミリ30ミリ長でもねじ込んでお終いですよ。切るのが面倒だからカットサービスのある材木屋で買いたい。

あと、L字に組む方法としては最初からL字を捜す。棚受けのL字木材とか。


こんな感じ。あとは脚。

曲木を作るのが面倒なときは、中古の椅子から取ってくる方法もあります。形に寄りますが曲木の座椅子などが幅広のL字が取れるのでオススメです。旅館にいくとある、あの板っぽい座椅子。

今回、ワタシが必要なL字は材木で軽さが必要なため、材木中心です。負荷が五キロぐらいになるので、アルミの曲げパイプも考えましたが、上手い具合に曲がった既製品を使うしかなく、鉄の建築金物を使うと重すぎます。

最終的に、2×4用の薄板の金具の採用が優勢。建築用の火打ち座がねは、2×4とは相性が悪いので専用品をつかいましょう。

那珂湊焼きそば

疲れが溜まっているのか、どうしてもニンニクが食べたかった。スーパーに買い出しにいく。ときどきニンニクを買って吊しておくと、いつのまにかスカスカの空っぽになること二度。なにかに食べられているのか。今回はあまったら即冷蔵庫。

那珂湊焼きそばを見つけたので作ってみました。面の太さに規格を決めたらしく、まるちゃんのより太め。粉は、マルちゃんより那珂湊のほうがおいしいかも。あちらは三食で那珂湊は二食分ですが、満足度でいうと那珂湊やきそばの勝利。

那珂湊焼きそば大学院

野菜スープを作って飲んで寝て起きたら夕方。そんな週末。とくに何か達成感もなく、考え事をしていると終わる日々。