C字型のアルミ板

緩く弧を描いたアルミ板が必要。首の左右に配置するので、鋭利なのは無理。厚味もほどほど必要で装着時片側が外れないとなりません。赤ちゃんのよだれかけのアルミ板版です。

外側の曲面はわりあい簡単にきれますが内側はノコギリの刃が入らないかつ曲げて切れません。ドリルで多数の穴をあけて、穴同士を繋いで切る方法もありますが、結構手間がかかるので避けたい。喉下のパーツでそのような構造を作ったことがありましたが半日かかったような。切り方にコツがあり、途中でくさび形に刃入れて刃の進み方を変えます。具体的に切ったモノは手元にありますがどうやったのか忘れました。

アルミ板を三枚ぐらい繋いで、途中にリベットを打って曲がるようにすると工作は簡単かもしれません。折り尺

みたいな構造にすれば、曲げて切らずに済みます。二つのパーツに別けて半月をふたつ繋ぐのでも、なんとなく行けそうな気がしてきました。

ありものをそのまま使うが理想ですが、100円ショップにそれふうなモノがあるでしょうか?

最終目標は、アルミ板のリングに首を突っ込んで着脱するなので、腕時計の金属製ベルトのような構造にすると、なんだか着脱が簡単そう。ネジで脱着は億劫になりますしネジ無くしがち。

工作好き