?型スタビライザー

クエッションマーク型の、マーリンとスレッドの間の子みたいな
ブラックバードっぽいのを造ろうと材料を準備。
対人用につかうことを考えています。
カメラを大型化したときちょっとメリットがありそう。

逆丁字のスレッドと地球ゴマ型ジンバルをつかうより、工作が簡単になるはず。
なんどか作ろうとして作らなかった構成のスタビライザーです。
The Blackbird Camera Stabilizer by Camera Motion Research
こんなのね。

図で書いて、頭の中で組み立てて、サイズもこのくらいってとこまで煮詰めた。
イメージか固まると頭の中でシミレートできるので、擬似的に脳内でテストしてみた。
なんかこう、いまいち残念。
軸を回避してユニバーサルジョイントをつかうと低トルクで回る。
しかし、重心に軸を貫通できないので、把手を回避して最下部に横棒を置くことになる。
かるいカメラを軸の上に置いたらそのわりに安定しないと思う。

素直にグライドカムを買えということなのか。

フライカムはカメラがおもければそのまま使えると思う。
カメラが軽いと、とくにnanoにコンデジを重心上に載せてると
ヨー回転が止まりにくいと思う。つかったことないけど。
カメラに板はって、上で前後にシーソーを作ればいけそうな気がする。
nanoのカメラステージに一回り大きな板を張って、前にカメラ、後ろにオモリで釣り合わせるの。
すると、工型になるので、安定するんじゃないかなあ。

最近は結婚式を映画にするのが流行ってるのか。

カメラワークが最高だと思ったらティッフェンのデモだよ。





About こざ四

工作好き
This entry was posted in カメラスタビライザー. Bookmark the permalink.