最後の一週間

行燈まつり 2012
神社のあんどんまつりにて。
どこかの子供がつくった「日常」のあんどん。
丸っこいキャラが多い中、あえて日常。
そして、中之条くんを上に持ってくるあたりに制作者のセンスを感じました。

私から、勝手に2012年のグランプリを進呈。副賞はない。

これがプロフェッショナルの仕事と生き様、マクロスの河森正治監督が語る「アニメーション監督という職業」 – GIGAZINE
マクロスの河森監督が、企画を寝かしておいて作り始めるとすぐに完成してしまうことを「最後の一週間」とおっしゃってます。

「物」ってつくり始める時と早いです。
企画を練っている間に作る方を無意識にシミレートしてます。
「考え中」→「制作」に動いた時には頭の中で作り方まで出来上がっていて、あとはなぞるだけのことがあります。


マグカップ。