対航空機撮影装置

迫りくるジェット戦闘機を安定して撮影する装置を考えるのは楽しいものです。ズームの効くカメラを載せて手持ちで安定させる理屈は分かっているので、あとはどうやって実装するかです。かわいいモデルさんを撮影する道具はぜんぜん思いつきませんが、飛行機撮影装置はいろいろ案が浮かびます。モデルさんもたとえば時速400キロ上空150メートルをローパスしてくれるならそういう撮影会も行きますけど、飛ばないし。

上記の動画は、最初着陸してくる春秋航空の緑の尾翼のエアバスをなんとなく撮影してたら、近くでバックするF-15が見えました。ジェット戦闘機が後退するのと同じ速さで私も移動しつつ撮影しているため、位置関係が妙に分かりにくい映像です。マルチの真ん中だけ引いたみたいな変な動き方になってしまいました。

目の前の飛行機をみて楽しくなっているので、いつもは冷静な私ですがいろいろ基本を忘れて画面が揺れてしまいます。やはり、興味のある飛行機など撮影するよりも、あまり興味じたいが薄い対象物のときのほうがココロ静かに撮影できます。好きな物はダメみたい。素人の悲しきサガです。きっと好みのタイプの女子が居たらどきどきして揺れちゃうかもしれません。

写真のフォルダを開けてみたらやたら脚の写真が出てきました。なんで?





About こざ四

工作好き
This entry was posted in カメラスタビライザー. Bookmark the permalink.