茨城に自転車は似合わない

主催がどこなのか全然知らないのだけれど自転車で町おこしをする会議が近々あるっぽい。昨年末水戸駅南口から水城の坂まで青い色のシールを貼って自転車レーンを作ってました。市なのかな急にウチは自転車県だぜって自慢し始めましたけれどそんなことしても無駄です。

だいたい会議の会場が駅から1キロちょいなのに送迎バスを出すイベントですよ?普段ろくに歩かないクルマ社会の申し子と、絶対に自転車に乗らないであろう人たちが集って、地域活性にはサイクリストが必要だっていう謎理論を展開しますから、あんまりいい話にはならぬでしょう。ロードに乗ってる人だってそんなに暇じゃあないよ。

自転車レーンなんて作ったって金にならないからやめましょう。それよりも成人式に改造車で来るタイプの子に補助金で改造費をめぐんであげた方がよっぽど経済効果は高いのです。茨城は自動車が必要なのです。内燃機関万歳。

どうやっても自転車は金にならないとおもうよ。

むしろ自動車を優遇する税制を考えた方がよろしいのではないでしょうか。大排気量のアメ車の重量税を県なり市が負担するとか、マフラーの上限を上げて大きな音が出せるようにするとか、クルマでポケモンゴー大会とか茨城県らしさが欲しい。スマートフォンを操作しながらジムカーナでタイムを競うとか、そういうの。公立学校の図書館にチャンプロードを置く活動を支援したいところです。そうしないとコレまで頑張って続けてきた茨城の自動車とヤンキー文化がなくなってしまいます。早めの保護を。どうせ駐車スペースになるだけの自転車レーンなどほうっておいて、ヤンキー文化に補助金を付けて無形文化財にしましょう。そうしないとトキみたいに気が付いたときには七羽ぐらいになって絶滅しかねません。

役に立つモノ

オジサンになると最終的に仕事と家の往復になって、趣味がないと話題に事欠きます。

全く趣味らしい趣味がなくなってしまいましたので、もう週間パンサー戦車を作るでも始めようかと思いました。Ⅰ型の後期とか書いてあって、戦車に興味が薄いのでよく分かりませんけど前期型とドコガ違うのか気になります。後半はきっと毎号毎号キャタピラの履帯が一個ずつ届いて、それを繋いでいく悪夢が口を開けて待って居るように思えてとても手を出す気にならず。

あの手の、完成が分かっているものを作るのは苦手です。だからなのでしょうかプラモデルも作る習慣がないしロボットで遊ぶ趣味も、こどもの時はやってましたけど、わりと早い段階で執着せずやめてしまってます。

模型全般に興味がなくて、むしろ紙飛行機とか飛ぶために形が出来てる物が好みです。

何となく自分で不安になってきましたので、今年前半の早い内になにか作る趣味を復活しましょう。毎回案だけで頓挫する自転車の風よけは置いといて、他に興味のあるモノをなにか見繕って始めようと思います。設計段階である程度時間を食うなにか。さて、なんでしょう。ほんとまだ何にも思いつかなくて。

家の外壁をなおすとか、自転車の椅子の補修とか、なんでしょう。なんとなく役に立つ何かをつくってみたい。

ビールに氷

ようやくサウナに入って体調が戻ってきつつあります。栄養不足なのか体温低下なのかとにかく足まわりが痛くなるときがあります。

サウナは大洗。途中すごく速い2台の自転車を見かけました。あんまり早いのでバイクじゃないかと疑うほど。丁字路で停まる際に前走が転倒。運転しながら車内のミラーを観てるとなかなか立ち上がらなくて心配になりました。2時間後、サウナからでてロビーにいたら転けた人が居たので平気だった模様。ビンディングペダルがはずれなかったか、踏ん張ったけれど足裏がビンディングの樹脂なので摩擦が少なくてすべったか。

友人がどこかに行ったと思ったら私より長風呂で、一足先にかき揚げ蕎麦をいただきまして、物足りなくて鰯フライとライスを注文して、友人はビールを連続で注文。ついでにお好み焼き屋へ。本日出勤初日というムスリムの店員さんが、友人の注文したビールと同時に氷り入のグラスを持ってきました。そう、アルコールに触れない国の方ですからそのへんの知識がない。

タイ・バンコクでは当たり前、ビールに氷! – バンコクに行きタイ
いやちがう、かの国ではビールに氷を入れるのでありました。

食べ終わったころ隣に来た60ぐらいの常連客に、私たちはガルパンオジサンと錯誤されました。まあ間違ってはいないのですが当たってもいない。その常連客に「もういい歳なのだから恋をしなさい」と注文を付けられましたけれど、人の道としてそっちが正道だとしても、人はつねに道からはずれるものなのです。そして私のストライクゾーンは狭いの。

家と職場の往復

外部刺激がないから思考も変わらない。何十年も無自覚に働いたらきっとロボットのような単純思考の人間になるだろう。それとも、意外と外部刺激が多くて飽きないのでしょうか?職場が同じでも職種が違うと人にあったり交渉したりしますので、私のようにモニターをにらんで一日を過ごしたりしないのですね。きっと。

途中で集中力が消えたり睡魔にマウントポジションを取られることがありますけれど、なんとかがんばっております。オフの時間で何か新しいものを作るとか創造的な趣味をするまでにいたらず。今年はまた何か作りたいのですが、直近で困っていることもないし。あえて言えば自転車の風除けくらいか。あれも割りと車両の法規に触れるグレーゾーンの遊びです。まったく気にせず作ってしまうとは思うのですが実際運用したならば、きっと邪魔だと思うのです。

夜は早く寝よう

いつも夜更かししてネットを見ていたら寝不足になりました。正月明けて試しに長く寝たら朝が楽。

緊急地震速報が不発で文句をいう人がいましたけれど、私の携帯はならない設定です。

同時に地震が二発食らうと誤報を発するのは、2011年の4月あたりにさんざん経験しております。自然相手になんとかして食らいつこうという速報の仕組を、当たらないばかりに断罪するのはどういう心理状況なのか想像出来ません。

2点間の距離と地震波の大きさを単純に計算して警報をだしているため、茨城で揺れて富山で震度3になるということは、茨城は巨大地震で震度7くらいでしょうか。隣の人の警報で見上げた蛍光灯の紐はエアコンで揺れるばかりで足下はびくともしませんでした。立って作業していたので地震すらわかないまま。

夜中にパソコンを使っていときに揺れたので強震モニターをみると印西の下あたりが真っ黄色になってこのよの終わりかと思いましたけれど、茨城は大して揺れず。

本番がきませんように。