時代の潮目

時代の変わり目。

TSUTAYA「CCC」が徳間を子会社化

アマゾンコムと、出版社が直接手を結ぶ。

アマゾン、本を直接集配 発売日に消費者へ 取次・書店介さず :日本経済新聞
出版取次を介さない出版社との直接取引を広げる。

徳間といえばアニメージュ。ジブリと日本テレビの関係が深いのは、徳間書店の徳間康快社長が読売の記者出身だから。

日テレも右寄りなのにどうして宮崎駿を使うのかというと、ナベツネも徳間社長も若いときかぶれていたから。

メディアの怪人 徳間康快 (講談社+α文庫) | 佐高 信 |本 | 通販 | Amazon

アマゾンと出版社が直接取引をして取次がいなくなって、街の書店が寂れるらしいですよ。

自動車

自動車の販売網も、べつに要らなくて、あと数年、そう、東京オリンピックまでにはメーカー直販の自動車が出てくるのでは。だって販売店の取り分が車体価格の 1/4あって、もうネットで買えば良いのでは。

壊れたときは専門の修理業者に頼めばよくて、べつにディーラーのよこに付いてる整備士のお店があればよし。ヤマダ電気が必死で車を売ろうとしてますけど、それより先にアマゾンコムが売るのです。相当にデカイ段ボール箱が必要。

ネットで家を買う

そして最後は土地と家。まったくの個人的な趣味でいえば、猪苗代湖の北側に家がほしい。冬はスキー。ほかの季節はなんとなくヒトケが無くて楽しそう。物はインターネットで届くから。何不自由ないとは言えませんけれど、想像出来る範囲の自由は確保されます。薪ストーブなんて入れて。古民家を改造したカフェ風の家にはせず、完全密閉式の核シェルターみたいな家にして、カプセルホテルのあのカプセルをひとつ入れて。北欧の刑務所くらいの狭い家が欲しい。

この計画、問題は収入。どこでやっても生きていけるような才能なり技能が必要です。免許の類とか。てっとりばやく重機でしょうか。

もうここまでくると10年後を見越して機械化できない類の商売をはじめたいものです。

雪がいやならいわきでもいいか。でもいわきなら別に水戸でも一緒。あとは北欧刑務所風の家だ。

wordpressのテーマ交換作業が楽になる

wordpressのテンプレートを変更

見た目がより簡素に。いつもは英語版を入れてますが今回は日本語対応です。

Write WordPressテーマ | Themehaus

できの良いテーマは、使っている内にある日突然有料になることがあります。だからそのときはまた違うテーマに乗り換えますけどね。だいたい5000円くらいで、知らないうちに有料化するんです。気が付かないので払いようがなくて。連絡があればその時点で切替えますけど、べつに登録もしてないし気まぐれで数年後とに入れ替えているので、このテーマがこのまま無料であったらいいなと願いつつ。

なぜテーマを変えるのか

以前使っていたSimple Themesの「スケルトン」に、hentry中のupdateが無くて、あるものに切替えたかったから。マイクロフォーマットというwebの規格にあわせてクラス名を一部手動でいれました。

そのまま手動でupdateというタグをwordpressテーマの編集にて挟み込めば済むはずでした。しかし、phpのなかのタグを書き換えてみたけれど思うように書き換わらなくて、それならとテーマ自体を変えたのです。

wordpressの関数にかかっているspanタグで作ったclass指定ですから、1箇所書き換えればそのまま変るはずと思うでしょう?しかし、テーマをどう作っているのかによって、たとえばpage.phpというファイルと、index.phpというページのそれぞれに日付指定がついていて、どちらも直さないと直らないことがあります。

思うようにならないこと

共通ページを1つにするか、それともインデックス、カテゴリー一覧、投稿ページのテンプレートごとに日付を書いているのか、それは作った人の気分次第で、知らない外国のコードを書く人がどんなふうに決めているかは、結構膨大なファイルに目を通さないと見えてきません。だからテーマごと入れ替えた方が簡単に目的が果たせるのです。

テーマの変更が楽になった理由

以前は、テーマを切替えるごとにプラグインのコードを差し込み直す手間が増えたり、アクセス解析のコードを差し込みなおしたりと手間がかかりましたけれど、wordpressも4.7ともなると、根幹の部分と枝葉の部分が独立して単純に見た目の差し替えだけで作業が完了します。

失恋ソング三昧

NHKラジオの終日特集は、なんとか三昧

石田ゆり子と有働アナ失恋トーク 柏原芳恵があの名曲を生で!♢今日は一日“失恋ソング”三昧 |NHK_PR|NHKオンライン
連休渋滞のあなたに送るラブソング特集。ラブにもいろんな形がある。

有働、黒崎めぐみ森田美由紀のアナウンサーのみつどもえ女子トークは運転やめようかと思う緊張感。背負ってきた経歴と未来の仕事と、NHKの放送コードのなかで恋の話。しかも声がよい。NHKのエース級だもの。きわどい。

変則交差点は事故が多い

夜は遠くの音がハッキリときこえます。昨日の日曜日はずっと花火の音がして、きっとちかくの養老院のイベントだろうと納得してました。ふと思い出すのは大洗の海楽フェスタで、海沿いで花火が上がります。私の家まで12キロの平地。屋根にハシゴをかけると花火も見えます。

今日月曜日も休日でした。曜日の感覚がありません。今度は夜中にサイレン。こういうときは地元消防のデータを観るようにしてます。だいたい空振り。夜中の音を聞いていると、まずパトカーが現場に急行、ついで救急車。救急車は現場から戻ってきて、緊急受け入れがある病院に向います。

音の方向、向き、変化を考えると、国道6号と50号の会合点あたりの事故と想像しています。2つの道路が直角に交わるなら事故は置きにいのですが、私が想像するあの場所は変則的な交差点で75度で交わる交差点は直進車との間合いが取れず、衝突の原因となります。

ナレーターは不死身

ときたま和菓子を買います。通学路の途中にある和菓子屋で何度も観ているけれど男子高校生はまず入りませんので人生初入店。

まんまるの大福。いただきますとあたりさわりの無いほどよい甘さで、なぜか記憶に残りません。ふだん甘すぎる大福を食べ慣れて、すっきりした味が楽しめなくなったのかもしれません。上品でした。

引き続き読書。読める本の偏りが激しくなり以前は読めた作家の本が読めなくなってました。自分がステップアップしたのか年取ってわがままになっただけなのか。

読めなくなる本の裏返しで、読めるようになった本があり、一部小説が面白くなってきました。以前なら絶対読まないのに。

普段読まないジャンルも読むと発見があります。「尾形光琳が画家になった理由は破産したから」

破産しなければ絵を売るほど描かなかったと思うと、ありがとう破産。

なにかができあがるときはいくつかの偶然が重なります。
“UFOを流行らせた男” 矢追純一81歳「空を見上げてほしかった」 (文春オンライン) – Yahoo!ニュース

日本テレビの立ち上がりのときも、なんだか分らない人が沢山入ったようで、福留さんが書いたウルトラクイズの本など読むと今とは熱気が違います。

一説によるとこの時代、テレビ局が海のものとも山のものともつかず、クセのある人がたくさん入ったようです。ジャズマンのようなエリートというより遊び人寄りの人もテレビに流れ、たとえば日本テレビの音楽を管理する会社の社長はドラマのBGMが足りないときは自分で演奏したといわれます。

テレビは映像と音楽が半分ずつで、中に写る演技できる人も必要で、市役所のような採用方法をしていたら成り立たないのでしょう。TBSやNHKは放送劇団を作って演者を育成して、いまでも活躍しています。ナレーションあたりは定年がありませんから、羽佐間道夫さんや池田昌子さんが現役で牧大輔さん、銀河万丈さんの声を聞くとなんだか子供の頃から利いて居るぞ、一体幾つまで仕事をされるのか、不死身なんじゃないかと。

それで、久米明さんがふつうに仕事をしているのを聞くと、やっぱり不死身なんだなと思うのです。