酒税は払ぬ本を買うぞ

天才と精神障害との間には関係がある | スラド サイエンス
この夏以降に買った本は、前科持ちかアル中。「ガロ」関連のマンガ家は面白く、面白いものを作る人は何を考えているのか知りたくなりインタビューなど取り寄せて読んでます。10代後半にマンガなり小説を作ろうと考えて、実際に作りきった時点で行動力が常人とは異なります。

前科はともかくアルコールの力を借りるのは、やはり脳みそのどこかに創造の神様が宿っていて、神様を呼び出すために酒が必要になるのかもしれません。

私は映像を撮ります。どうやったら面白くなるか漠然と考えています。方法論をあまり勉強しすぎても使えるとは限らないし、そのあたりはやんわりと実地で試しているところです。

アルコールの力を借りると、なにか見えるのかもしれませんけれど、それはなんだか違うように思います。薬の力で作った音楽が美しくなるのならば魂を売る人もいるのでしょうが、私がいま見えてきた答えは別にアルコールの力など借りなくても手がとどくはずです。

自力で手が届くとおもう根拠はどこにあるのでしょう。イイと思う映像を作るための答えは私の中にありますので、その答えに近づくには方法論を確立して実行に移すだけとなります。答えにたどり着くかどうかは外側の環境の変化や被写体の種類ではなく、私の撮り方次第なのです。

あまり内向してゆくと、つぎは私がアルコールにおぼれかねません。しかし家にまともにお酒が無いし外でも飲まないし。酒税を払うくらいなら欲しい本を取り寄せることに使いたい。

国道123号を夜走る

水戸から茂木のほうに行く途中にバイパスが出来てました。城里に向うとき、これまではつづら折りの連続カーブを上り下りしましたけれど、いまは巨大な橋が鎮座してその代役となっております。

新設の橋はできたけれど、取付け道路の工事が未完成でおおまわりさせられる。

道路自体は方々で再舗装がなされ、随分走りやすくなりました。道幅も比較的広い。ただ、いまだにやっぱり道路標識が微妙に分りにくく、いや工事途中だから仕方ない。

沈む船に乗る

帝国海軍の軍人は戦艦大和は沈まないと思ってたらしい。当時徴兵された学生は、負け戦にうすうす感づいてた。

軍人が勝てると思い、学生は負けると思う。その差はどこからくるのかしらん。

立てると思う根拠はどこにあるのか。出来た戦艦をみて、我が海軍は素晴らしいと思うのが軍人。若い徴兵されたばかりの学生はまだ心が世間にあるから海軍が素晴らしいと思わないだけかもしれない。

原子力発電所は絶対安全とおもうのと、戦艦大和が不沈艦と考えるのは同じ。

サンクスコストなのかもしれない。次は当たるだろう、だってココまで費やしたのだからと考えるのがサンクスコスト。

沈む船に配属された急ごしらえの学徒は、そのコストを支払わないから負ける戦争と思う自由がある。

つまりは自由の問題か。考える自由はいまも少ない。

沈む船に乗るときになんとなく分ると思うのです。それは明確に言語かされなくとも、雰囲気で分ります。

気管支のために加湿器を使う

風邪を引きまして、しばらく不調です。いつからだろう。先々週か、週末もなく頑張りすぎた結果、まず右腰を痛めまして、そこから転がるように背筋、膝の痛み、身体全体の不調と繋がります。

その後椅子に座るのも立ち上がるのも辛いほどとなり、階段を下りる度に膝の力が抜けるような状態でした。

食事をおろそかにしたこと、体重が落ちたこと、生活環境とリズムが変ったことが体調不良に繋がったようです。

朝起きる度に咳が止まらなくなるので、今日は加湿器を投入しました。乾燥は喉の粘膜を痛めますので、機械で加湿して、明日の朝、肺の調子が戻るかどうか確認します。

10年使った画像編集ソフト

マクロメディア。それは現アドビに吸収されたされた会社。

マクロメディア ファイヤーワークス(Fireworks)はバージョン3から9(CS3)までライセンスを更新してました。1999年発売で、なんだかんだで10年つかいました。

フォトショップとイラストレーターを使う”プロフェッショナル”な方々に鼻で笑われたソフトでしたが、レイヤーはそのまま見えるしベクタ-はそのまま使えるし、回線が細い時代はどんな画像でも軽く書き出せる便利名ソフト。それこそ寝食を共にして、まるで仕事仲間でした。

近年便利で高機能のフリーソフトが増えました。

表計算ソフトとかテキストエディタなど、仕事が決っていて操作方法がおよそ共通しているソフトならば、の乗り換えが簡単です。画像編集ソフトは操作の種類と数が多すぎて、ソフトの乗り換えは難しいのではないでしょうか。フォトショップからフォトショップ準拠のフリーソフトには乗れるけれど、ファイヤーワークスにはそういうのが無くて、かといってバージョン上位のCS6なんて買えませんから、ライセンスを売り飛ばしてしばらくは途方にくれていました。

どうして私はファイヤーワークスを手放せなかったのか?

画像が簡単に作れました。たとえば四角をひとつ描いて、角丸白抜きのボタン状の物を作る場合。慣れたソフトならば四角の書き方、中の塗りの抜き方、枠線をどのプロパティウインドウで変えるかまで暗記しています。

1度覚えた物を入替えるのに抵抗があります。実際に未見のフリーソフトなど使おうと思っても、操作が遅くてはなしになりません

「知らない画像ソフト」でサイト用のボタンを作るとき。まず四角の書き方が違います。メニューの表記もちがう。枠線の部分の名前が違い、描いたあとオブジェクトとして登録して直すのか、はたまた直せないのかもわからない。動作ひとつひとつ全て調べて理解せねばなりません。

だからソフトウエアの乗り換えには勉強と習得時間が必要で新規に覚え直すのはとても辛いものです。ソフトウエアには習得コストがかかります。

おなじ画像編集ソフトならば、フリーも製品も同じだろうと思うのは使わない方の意見であり承伏しかねます。どのぐらいストレスになるのか。例えが難しい。左手で料理よりヒドイ。

当時出ていたマニュアルに付属する体験版CD-Rと、公開パスで使えるようになるはずですが、結局ソフトがタダになったら誰でも使えるとは限りません。先に書きましたように四角を描いて角丸にして枠線の太さをコントロールする方法まで理解するには時間は必要なのです。私は3から触ってるのでだいたい覚えています。だから色鉛筆で絵を描くのと同じ程度に四角くて角の円いホームページ用のボタンが短時間で作れます。

フリーだからと行って新しいソフトをわざわざ手に入れて身につける努力に価値を見いだせない今日この頃。

無理やり新手のフリーソフトなど使おうとすると、

ライセンスフリーmacromedia MX 2004 まだまだ使いますわ – できる女子系 オフィスワークテクニック

エラー: アクティベーションサーバーが使用できません | Macromedia ブランド製品
旧製品は公開キーで通る仕組。

アドビストアにおけるマクロメディア製品の取扱について
デザインビルダーのセットって三十万もするの