ハン・ソロの壁材

楽天もキーワードサーチでリストが作れるといいなあ。すでにRSSに対応してるからできるといううわさなんだけど、実際に動いてるサイトを見たことがない。今日はスターヲーズについてです。

見るたびに宮沢元首相を思い出します

元気かなあ。実写のヨーダ役でぜひ出てほしい

このローブを商品化したのはすごくえらいと思う

最初は、着ないぞ要らないぞと思うんだけど、見てるとほしくなる

ライトセイバーを1本買うのを我慢してでも買え!

STAR WARS<スターウォーズ>世界限定ピューター スタチュー R2D2
ジェダイのローブ

むかしハン・ソロが凍りついた壁が売ってるところを見たことがある。オリジナルをかたどりしたレプリカだと思うんだけど。今一体いくらなのかしらん。家を新築したら一箇所壁をあれにしたいと思うのは俺だけじゃないはず。

文学のポン引き

テレビ
NTV系列の新宿歌舞伎町実録24時みたいなやつを見た。
僕は歌舞伎町には縁がないので、いつも別な星の話だと思ってみる。

質屋さん、ホステス、水商売専門の不動産屋さん、ホストが出てきてた。
ポン引きの人も出てきて。
サラリーマンの歩く姿から上客かどうか判別。
なるほど懐具合は歩き方に出るらしい。

ちなみに私はあの手の業界から声をかけられたことがない。
背広着て夜あのあたりをうろつかないのだ。
背広を着たのははるか昔のことでもう覚えていやしない。
やはり、別な星の話だ。

「逆に堀江しのぶ写真集なんかどうですか?」といわれたら行くけどさ。
そのポン引き屋さんによると、そこの減ったスニーカーで
すその短いチノパンは私服警官らしい。
それ、普段の俺の格好ジャン。じゃあ、だめだ。

読書
Amazoniaアマゾン・ドット・コム成功の舞台裏を読む。
アマゾンの立ち上げ時期に編集者の手記。
レビューを専属で書いていたそうだ。
文学書を売ってお給料をもらうため、
文学のポン引きだと自嘲気味に書いた一節をおもいだした。
引き合わせるものが別でも同じポン引きなんだな。
すべての広告業はポンビキなのかもしれない。

のりものだいすき

ほとんど子供である。乗り物に乗りたい。
TXことつくばエクスプレス
これ乗りたい。写真をとるところまではしないけど、見たい触りたい。

あと、電車に自転車をのせるね。水戸~つくば~秋葉原と輪行だ!
落ち着け、俺。
秋葉原で自転車に乗ってどうする、
だいたい、水戸~つくば間が40kmくらいあるだろう。

それならこれでどうだ?
旧車 絶版車 レトロ 骨董 クラシックカー ノスタルジック ネオクラシックカー 希少 国...
当然商用車だからカセットテープデッキもないぞ。
つながらないならShuffleのほうを買わないぞ。
【受発注(お取り寄せ)】ヘビームーン iPod shuffle用ケースセット(WT/GRY/BK) Marware MW-SPG...
昭和の香り。排気量360ccだと一桁国道では必死っぽい。
たぶん、第二東名高速道路とか乗ったら生きて帰れないけどほしい。

第二東名不要論あれ、最近この著者の本買ったわ。
Windows XP(えくすぴー)ユーザーのためのシステム&ネットワーク設定ガイ
たしかに180kmでなんて走れねえなあ。
どうせなら、自転車専用道路にしませんか?
どうせ公団なくなるんだろうし。

自転車道路公団なら、許す。

出品リスト

なんてものを作って見ました。クリック先で購入することができます。都内や甲信以西は知りませんが、こちら北関東では昨日から比較的過ごしやすい気候が続いています。夏だ、海だ!とはおもいませぬ。のんびり温泉気分です。理想は静かな温泉宿だけどお盆休みは入浴剤でも入れてうち風呂を楽に味わうのが吉。

私は音楽をあまり聴かぬもので、ipodもshuffleもノーマーク。されど、うわさによると落語配信が始まるらしい。それはほしいぞ。落語の版権もってんのってコロンビアとかかなあ。世の中音楽配信の時代なんですねえ。

車の中で使えるようになるらしい。でもうちの車はカセットテープ専用なので多分使えない。まずは車からか?

臨死体験とミグとアマチュア天文家の木内さん

NTVで臨死体験なる番組を見る。
矢追純一先生や新倉イワオ先生を抱える日テレです。
オカルトは結構強い。

クラッシュ
クラッシュの太田さんがでてきた。
レース用のフェラーリでスタート直後に事故。
満タンのタンクを背負ったままだからねえ。
臨死体験もするわな。

しばらくするとアマチュア天文家の木内さんが登場。
管制官の難しい試験をクリアしてるのは知っていたけど、
空自上がりだったのですね。

空自時代に臨死体験されたそうです。
理由はベレンコの亡命。
ミグ25事件の真相
ミグが日本の防衛網を掻い潜って北海道に着陸。
日本の空がザルだってバレて、そのあとの対応で疲労したのが木内さん。
そこで過労からか入院、生死の間をさまよったそうです。
そのときの体験か彗星探索を始めたとか。

自費で作った天文ドームがすごい。

大浴場のある宿検索

ベレンコは義経の末裔