ホンダNSX生産終了と後継機

■1/6 ホンダNSX生産終了と後継機
ホンダNSXは生産終了。北米の「アキュラ」ブランドの最上級機種として、NSX後継機すえるらしい。NSXはアルミモノコック構造でぶつけなければ一生モノ。防振ゴムなど交換すればびくともしないそうだ。僕はスキー場の帰り道にぶつけそうなので乗りませんけど。

ホンダ公式サイト>NSX

ホンダNSX―NSXはかくして作られる

追記:自動車業界が再編。本田は提携先が見つからず苦戦。僕のように本田シティを見てかっこよいと思った世代は、ホンダなら北米市場でほーっておいても強いんじゃないの?かと思う。しかし上の世代、たとえば団塊にとってのホンダは、車体が華奢なセカンドカーメーカーのイメージが強いそうな。

だから、団塊はソアラ改めトヨタ・レクサスとか、ちょっと奮発してベンツとかBMWを買うんだろう。あらためてみると、ホンダは団塊の小金の余ったオヤジの買う車種って抜けている。そこで高級車路線「アキュラ」を逆輸入。アキュラという名前ですが、「Accurate=正確」から名づけられたんだろうけど、ホンダの走るイメージとは微妙につながらない。ネジがちゃんと締まっているのをいまさらいうこともないと思うんだけど。むしろ「疾風シリーズ」とか、感じにすりゃあいいのに。

団塊を狙うなら、燃費を無視してボディ剛性を上げて側面衝突でもやられにくいとか、もっと違う攻め方もあると思いますが。どうなるアキュラ。正直、まだトヨタのユニバーサルデザインはかっこよくないので勝てる。大体今のホンダクンみたいにトヨタの後を追っかけるようなホンダクンは僕は好きじゃないよ。1000ccくらいの楽しそうなツーシーターオープン(ちょっとでかいビート)とか、めったに見ないインサイトを発展させたハイブリットスポーツカーとか作ればいいのに。シビックでもいいけど・・・僕はホンダにそんなことを期待しています。

発掘する年始

■1/5 発掘する年始

年末年始の感覚が鈍い。勤め人ではないから生活が変わらない。
かわったといえばカレンダーが新しくなった。

年末に取りだめしたバラエティをだらだらと流すテレビなど見ない。
雑誌は年末進行手抜き記事しか無い。

仕方なく書庫をあさる。つんでおいた本が出てきた。
雑多な情報の中で見落としていたが、よく読めばよくできている本が多い。
アマゾンのレビューで酷評された本を一冊取り上げて読むが、悪くない。
読み手が拾えないことまで書くと評価は低くなる。
読み手のレベルに合わせて噛んで含めて書いてある本は評価が高い。

あー、いいよね。もう公開してもわ>公開できないURL

人生ゲーム

正月人が集まったので人生ゲームを買う。
15年ぶりだろうか。ルールを忘れている。
ちなみにおいらが銀行家なのでカネの出し入れが忙しい。

人生の辛酸を舐めた30男が6人でテーブルを囲む。
各ステージのイベントが身にしみた。

給料がルーレットの出目の1000倍なのがつらかった。
安定した仕事がうらやましくなる。
二試合ほど済ませた後で6人が6人ともしんみりしてしまった。

RDという中級バージョンでこれだから
イベントが辛口のブラックアンドビターなどやったら泣くかも。
タカラ 人生ゲームRD(レインボードリーム)

ミキティはお蝶婦人

ミキティはお蝶婦人
coza
スポーツ
2006/01/04 17:07:33

フィギュアスケートの安藤美姫。曲をマイ・ファニー・バレンタインから蝶々夫人に変えるそうな。そうか、巻き髪で、口調が「~よくてよ」になるんだと思ったが、それはお蝶夫人。

コメント
ミキティは正直微妙。
演技終わってガッツポーズとるようなリンクの妖精はいないよな。
Tommy 2006/01/08 1:03 PM
芸術スポーツだからね。
ミキティ、中野、恩田ともガッツポーズは似合わない。

モーグルの里谷が代表に推薦されてるんだけど、どう?
こざ 2006/01/08 5:44 PM
日本でモーグルでメダル取れそうなの里谷ぐらいしかいないんじゃね?ま、今回メダル取れなかったら終わりだけど。
正直、長野は出来すぎ。
Tommy 2006/01/10 12:38 AM
縦回転ができる女子って少ないのよ。
それで代表になるんじゃないのかなあ。

スポーツアイドルマスタープロデューサーとか。
商品化されたらやる?
「コーチ!お願いします」とかメールが来るの。
coza 2006/01/10 1:17 AM

—-

ネコ耳新幹線 ファステック360Sフィギュア化
coza

2006/01/10 11:49:24

新幹線なのに擬人化して美少女キャラに!
ネコ耳強し。
画像
メーカーのページ
これを見て萌えもるようじゃまだまだ。
むしろFASTECH360自体をみて萌えるべし。

—-

株なんてものは
tommy

2006/01/14 15:23:45

世の中の流れに乗ってる人じゃないとむずかしいよ。
俺のような「流行なにそれ食えるの?」
ってひとには向いてないな。

コメント
俺はとくに流れに乗ってねえな。むしろ逆走。
こざ 2006/01/16 6:10 PM

—-

ライブドア株を全力で買い
coza
Web
2006/01/25 16:12:03

きょうは155円で取引が確定したらしい。
全力で買いに入った人のブログを見ると、男前だなとおもう。

(PR)ライブドア広報 乙部綾子 私のポジティブ仕事術40のヒント
キャプテン・デイトレード日記
(PR)株の週トレで10万円儲ける超シンプルな急騰銘柄発掘法―1年4か月で2億円稼いだ梶田式

コメント
ライブドア買う人は
どう考えてもマネーゲームです。
本当にありがとうございました。
トミー 2006/01/27 1:00 AM
っていうか、メインのHP、質素すぎない?
トミー 2006/01/27 2:50 AM
メインはHTMLでミニマムに定義してます。
これからスタールシートで装飾予定であります。

>エグザンティアを買う人は
>どう考えてもマネーゲームです。
>いってらっしゃいませご主人様。
http://drgoodjob.blog2.fc2.com/blog-entry-129.html
こざ 2006/01/27 3:16 PM
だってベルト切れるのはシトロエンだけじゃないもん。
国産車だってちゃんと切れるもん。(寿命は長いけど)
トミー 2006/01/28 2:31 AM
整備工場のおばさま談
「国産のタイミングベルトは交換不要」
だってさ。
こざ 2006/01/28 12:45 PM
国産車のタイベルが交換不要なんて信じないね!
世の中に壊れないものなんて無いのも。
新車から五年くらいで廃車するような乗り方なら廃車まで交換不要ってのも解るけど。
エグザンティアだと五万キロ毎に交換かな?だいたい国産車乗りは車に無頓着すぎるよ
ボンネット開けた事無い人大杉
トミー 2006/01/28 8:07 PM
おしゃれ町乗りお買い物車は10万乗る前に廃車だもん。

次のYOUのアイドルは「エグザンティア子」と命名。
フランス人とのハーフでスタイルが抜群。
でもちょっとプライドが高い。

年に何回か膝から緑の水が漏れる以外は、
乗り心地が..(良いこのために以下略)
こざ 2006/01/29 12:03 AM
>YOUのアイドルはエグザンティア子と命名。

そ れ だ !!

いや、それなのか?
トミー  2006/01/29 3:00 AM
濁音が多いよな。ティアが妥当。
アイドルユニット「使途狼円」。
メンバーの入れ替わりが激しい。
B子は広島ツアーの帰り道、岡山ですねて首。
ティアは事務所の危機を救えるか?!
こざ 2006/01/29 11:16 PM

—-★

年末はNHK教育でゼロ戦

年末はNHK教育でゼロ戦

年末のテレビがどれもつまらないので、K-1とプライドを見た。総合格闘技はルールがあいまいで、見ていて美しくない。しがみついたら試合は膠着し何より戦い方が汚い。試合をきれいに終わらせるには、武器を持たせといいかもしれない。日本刀対青龍刀とか。見たいとおもうのは俺だけか。

あきらめてNHK教育を見る。ゼロ戦の設計者が残したメモが日の目をみた。ゼロ戦とは、アルミモノコック構造で当時最先端だった技術をつぎ込んで最高の性能を誇った戦闘機である。海軍の艦載機として開発され、終戦まで戦った。当時の設計補佐だった人が残したメモをもとに、ゼロ戦の設計がどのようになされたのか、またその弱点が改善されずに残った謎を追っていった。

最新鋭機のゼロ戦は、試作段階で日中戦争に実験的に投入された。そこで勝利したから、ずっと勝てると思ったらしい。客観性の無いのはニホンジンの悪いところである。中国の複葉機に勝っていい気になったんだろう。ちょっと調子に乗せるとすぐに調子にのるのは悪いところだ。

単純に他人が無い人たちなのかもしれない。同じ村社会で生きてきて、海軍村の狭い世界の中で切磋琢磨してきたから、いざ外国と戦う羽目になっても自分たちの論理でしか動けないのだろう。偏差値を上げておけば一生いけると思ってしまった哀れな元受験生みたいなものか?

踏み潰す前に

ハンニバルが言ってたけど(当然スミス大佐ね)、ナメクジは踏み潰す前に一度大きさを確認せねばならない。戦う前に敵について知らなければ戦いようが無いのだ。だから、日本も真珠湾に行く前にむこうの工業力、資源力をよく見てから戦うべきであったろう。

パイロットについて

日本のパイロットはかなり早い段階で消耗してしまった。もともと優秀な順に最前線に送られる。NHKの番組でも装甲の違いを挙げていたが、ゼロ戦は無装甲で、アメリカのヘルキャットは重装甲である。たしか、燃料タンクはアルミとゴムの複合装甲で、万一貫通されても中のゴムがひしゃげて液漏れをさせない仕組みだったはず。一発食らうと落ちてしまう、着火剤みたいなゼロ戦とは大違いだ。

パイロットの養成には相当時間が掛かる。9.11テロの実行犯だって相当訓練したわけでしょ。タクシー運転手の補充は利くけどF1ドライバーの予備はなかなかいないわけですよ。格闘戦が前提の戦闘機乗りをひとり養成するのに、どのくらいの時間と金が掛かるか想像してほしい。いまでも、自家用機は飛行時間が200時間くらいないと仕事としては乗ってはいけないわけですし、まして戦闘機。

だから、無装甲のゼロ戦に乗っけて一回で殺してしまうと、養成した時間とカネが一瞬でなくなってしまう。機体込みで金額に換算したら、いくらになると思っているんだろうか。人の命云々で話を始めると長いから省くが、単純に戦闘機の空中戦闘操縦をサービスとして換算してみれば相当な額にならないだろうか?そんなベテラン優秀社員を遠隔地の支店でドロ舟に乗せて沈めてしまう日本海軍の気が知れない。

一方ヘルキャットに乗っている米兵は一度撃たれてもそう簡単には落ちない。何度でもやり直しが利く。だからどんなにへぼでも腕が上がるわけだ。一方日本軍は一度被弾したらおしまいだから、腕の良い順にいなくなり、あとから俄かに養成したパイロットが操縦桿を握る。予科練の年表を見ると、南方の戦線が拡大したころに卒業生の大半撃滅、終戦間際にかけては惨憺たる状況である。

海軍の現場をしらない偉い人は、「練習するからやわい機体でもいいよ」って嘯(うそぶ)いたが、もうその次点で戦局は下り坂。予科練生き残りの手記を読んでも目に見えてわかるくらい、腕の良いパイロットは散っている。会社で言うと逃げられる社員が辞めて、残り物がうようよしている状態に近いだろう。

特攻にいたっては正直よくわからない。中間期末が気に入らなかったから常磐線の特急に飛び込んで死んでしまうってことでしょ。俺は中間期末で死んじゃうから、お前は期末テストがんばれって残された方に言ってもさあ、そんな重いテストは受けられないよ。アメリカ人は参考書を買って期末テストで音楽聞きながら勉強してがんばる、みたいな気楽さなのに。

当時アメリカのパイロットは志願制で、大学から直接出向いてきた若いパイロットもいた。ベース基地があり、日本軍と戦ってベース基地に帰ってきて、戦闘報告など情報の共有がなされた。一方日本軍はベース基地を持たない。末端の兵士に作戦像がわからなくする機密が目的だったらしいが、ベースがないから、仲間がどのくらい。やられたか最後まで気がつかない仕組みである。

当時の旧制高校、大学にはグライダー部があった。これは急に必要になった戦闘機乗りを養成するためにつくったらしい。先の見越せない大学にIT学科を作るようなものか。双思うと今も昔もやってることは大差が無いのかもしれない。

さて、この勢いで沖縄戦の体験VTRを見ようと思ったが、これ以上見ると人間不信になるのでやめた。ちょうど友人が年越しイベントに行くというので外出した。外の寒空の下はしゃぐ人たちを見ながら、60年経っても一回戦争をしたら同じ過ちをするんだろうなとおもった。