31日の日記

本屋さんはとても平穏です。
反対に、夜のお仕事がやや大変になりました。
端的にいうと、頭の悪い中学生が素行が悪かったので説教してます。

頭が悪いので、きっとわからないでしょうね。15年前の自分がそうだったように。
もう説教する年になっちまったんだねえ。

頭に着たので、ビールを飲んで大藪の「黒豹の鎮魂歌(レクイエム)」第一部を読み始めました。
暑さで頭が煮えているときには、ドライな文体の大藪が心地よく感じます。

皆さん熱で頭に来ているので、適当にやり過ごしましょう。
この数日車の運転のおかしな人とか、事故をよく見かけます。
昨日が満月だったことも関係あるのかもしれませんね。

バイク甲子園

日記のつもりです。初日の昨日からいきなり「波」情報なのは、ご愛嬌ということで。さて、今日はバイクのお話。

銀行に行ったらいきなりサイレンがなってたんですね。どうやら銀行前で事故があったようです。僕はそんなとき、かぶりつきで見てしまうので今回も近づけるだけ近づいて見ときました。

状況を見るに、アメリカンバイクの若者とFITのおじさんがぶっかったみたい。よくある風景。

気にもとめず行内で一仕事すませ、銀行から出てくるとバイクの若造、さっきまで座っていたのに、今度は倒れていました。これから救急車に載せる準備のようです。意識はあるけど、あまりはっきりしない様子。

アゴに3cmくらいの深い裂傷。ハンドルバーに打ち付けて割ったみたいな。皮下組織までいってますね。出血が止まったところを見ると事故を起こして10分近くたってるんでしょう、なんとも痛々しい風景です。

若造、アゴを10針くらい縫うことになりますね。彼は髭をそるたびに、今日の事故を思い出すことでしょう。

あ、また本の話をしていないやしなくないのかも。

栃木の人と埼玉の人

TOOLS:ウェットスーツスムーザー(グリーン)

台風が来ている。だから今日は波が高いはず。朝起きてスーツに。当然、ウエットのほうです。背広ではない。

そのまま車に乗り込み、15分で海。ワセリンを首筋に塗りこみ泳ぐ気まんまんで波打ち際に向かったのであります。

・・・・当然「波浪」警報ですよ。
ちょうどよい波は遠くのほうでブレイクしてるので、そこまでとてもいけません。波打ち際ではライフセイバーがしっかりガード。海には入れないようにしています。

それ以前に、こりゃはいったら死ぬはなってくらいの引きの強い波。海水浴場なのにねえ。ライフセイバーの仕事を増やしても迷惑だし、こんな日に泳ぐのは埼玉と栃木の人しかいないので、地元の僕は引き上げることにしました。

ウエットスーツを着てしまったものですから、海から離れたシャワールームでコインシャワーを浴びて着替えました。ジュースを飲んで半時ほど波を見て帰還。海へは足をぬらしただけで終了。絶対昨日はいい波立ったはずだ。何してたんだろうなあ昨日は。昨日こそ入らないと。

NHKの天気予報の人は、今日のほうが波が高いって言ってたから信じてしまった。確かに高い波ですよ。でも乗れる高い波ではない。気象予報の連中は波になんか乗らないだろうから、よくよく考えるとあの人たちの意見を聞くよりも、自分で天気図を見たほうが、サーファーとしては正しいのであるよ。今納得。

台風が遠くにあっても波長の長い、きれいに崩れる波は打ち寄せてくんだから、ほんともう、昨日海行けばよかった。昨日に限ってパソコンが壊れやがるんだもんなあ。もう。

次は、台風が日本海側に抜けて、風が吹き込んでくる配置になったときが勝負だね。