理科離れを促進

子供の理科離れが問題になっている。
大人が促進しているような気もする。

「アニメの世界」科学で説く
高橋准教授は「ドラえもんの道具タケコプターでは実際に空を飛べない」と説明。SF映画などで登場する武器の「ビーム」も「原理はがん治療などに役立っているが、武器化は困難」

ボーイング、空中発射型戦術レーザー兵器の地上発射実験をほぼ完了 – Technobahn

絶対二重反転プロペラにすれば飛べるって。頭蓋骨にボルトを打って、首を人工筋肉で強化すれば。リチウムイオン電池が小型化するし。なんだろう、科学者屋技術者にあっさり否定されると、意地になる。やってることはマツダには電気自動車は作れないって断言するのと同じだよ。未来を潰してるだけ。明治時代に携帯電話の概念が「絶対不可能」というのと同じで、夢も想像力もない。ジュールベルヌみたいな人は大学にのこらんのか。

頭にボルトを打ち込む話も夢はないけどさ。
できないことばかり吹き込んで、夏休みの子供達を理科から離れさせよう。

なぜ否定するのだろう。「タケコプターは飛ぶ」って言った方が得だとおもうよ。
広島大の人はまじめなんだろうな。

【文句のついでにいうけどさ】
テレビで毛利さんを見ると宇宙に行きたくなくなる。
話がつまらないしこの人が宇宙の話をすると、NASAはやっぱり官僚組織だって思い出されてしまう。
そうやって理科離れを進めればいいと思うよ。優秀な人材が文系に来るから。

日の丸有人宇宙船 2020年に初フライト HTV改修で数百億円削減 (1/2ページ) – MSN産経ニュース


やっぱり二重反転だよ。羽根のピッチが逆。





工作好き