1つ前のモデルも組み立て

今作っているフォーク式ジンバルの前に、ユニバーサルジョイントを使ったカメラスタビライザーを作ってました。色を塗ったのでこちらも組み立てます。

ネジが長かったので2本カット。本体は角パイプから樹脂パイプを継いで丸棒に繋がっています。これがなんだか気にくわない。途中の樹脂パイプが重くてしなるんです。あとで角パイプを直接丸棒に繋いで部品を渡す回数を減らします。

曲げたアルミを切ることにためらいがあります。たぶん二度とやらないだろう面倒な工作ですので、切ると決断するのに時間がかかりました。今回はフォーク式のジンバルが案外上手く出来たので、こちらのユニバーサルジョイントと角パイプのモデルのほうは気持ちが離れてしまいました。

一度飽きて客観性を得ました。より使いやすくなるように切って貼って改良します。たぶん、単純に歩くだけのときはフォーク式より角パイプUJのこちらのモデルのほうが軽くて長時間扱えます。

工作好き