水戸駅前から南町まで

駐車監視員が仕事してて。こうやって摘発されるのかと眺めてました。わりとルーズで、摘発を観るのは久しぶりです。

とある店の真横の、狭い道路にずっとライトバンが止っていました。すぐ横に大型スーパーの駐車場があるのに敢えて道路に止めたのは謎。

近くで民家の外壁工事中だから、職人さんが乗ってきたにしては妙。職人さんならむしろスーパーと話をつけて止めると思うのです。監視員は仕事ですから、私がお店からの帰り支度をしている数分のあいだに書類がどんどん進みます。こうなっては運転手もいませんから、どうすることもできません。

スーパーの駐車場に止めない律儀さが謎です。たしかに、スーパーの用事じゃない人ならば厳密には目的外使用になるのかもしれませんが混雑してる時間帯ではないし、文句を言われたら帰りにちょっとジュースでも買ってごまかせるとおもうのですけど、なんだったのか。

駅の北の方は閑散としていて、拍車がかかっていました。水戸西友の跡地はシロツメクサが生えて、きれいな草原になっています。冠とか首飾りがなんこも作れるくらい白い花が群生しています。

さらに北の方にのぼるとユニーの跡地が更地に。しばらく重機をいれて地下のターミナルドグマのコンクリートを掘り起こしてましたが、いまは工事が終わって大人しいものです。地下二階、もしかするとその下に設備があったのかも。工事現場はチラッとみただけですけれど、かなり深く掘り進んでいました。いまは土を入れて土地が馴染むのを待って居るのでしょう。馴染む時間をおかずに上に物をつくると、例え駐車場でも、地下の土が動いて上物に影響がでます。焦ったばかりにアスファルトは歪み、建物が傾くくらいなら数年寝かせて、落ち着くのを待ちます。あの場所は丘の上で土地は硬そうなので、予定している小耳にはさんだ駐車場は数年内にできあがるでしょう。

あいだ一件挟んで旧ツルヤは、先月末くらいに上物が撤去されて更地になっています。こちらもダイエーと同様高い防壁にかこまれて中をうかがい知ることができませんが、ほとんど平らになっているみたい。

南町といえば繁華街だったのに、なんだか駐車場だらけです。

その一方、むかしの映画館はしまって、その近くになんだかマンションを建ててました。3LDKが広いのか狭いのかわかりませんけれど、国道50号のうるさい通りの近くってそんなに済みたいものでしょうか。向かいがわの最上階にプラネタリウムがあるメガネ屋さんの建物は壊さないでずっと残っています。ただ、駅側の外壁がおそらく地震で落ちて鉄骨が剥き出しになってなんだか痛々しい。

あそこで星の映像を見てから、もう30年。そりゃ外壁も崩れますって。やっぱり街というものはその時々で流行廃りがありますので、20年だと衰退しているなあで止りますが、30年になると所有者の代替りと周辺の環境の変遷が激しくて、むかしの面影というものがなくなります。ビルだって壊すのにお金がかかりますから、お金が無くなったビルというものは直さず、そのままかわいそうな形で残ってしまいます。

新しくお金が回るようになるのでしょうか。水戸京成デパートのあたりに文化センターがくるとかこないとか。それができたら人の流れはだいぶ変りますから、そうなったらいまのちょっと壊れかけの建物にも手がはいるのかもしれません。





工作好き