足を使った取材

天気が悪かったみたい。東京は電車がとまってターミナル駅が大混雑のニュース。相互乗り入れをしてるから、ちょっとのズレが遠くの電車に影響してます。今回風が強かったので、東京の東の電車は鉄橋の風速規制で留まりやすく、西の方はどうせビニールが架線に絡みつくのです。

そしてテレビ

ゴールデンの、夜八時前後のテレビを見られる生活に変化しましてしばらく経ちます。

今日のは、やたらクイズ形式。

クイズが面白いと思わない。テレビ局で働いている人は子供の頃からずっと勉強ばかりして、テストが楽しかったのでしょう、だから大人になって「娯楽」を提供する側に回ったときに、思いつくのがあの子供の頃楽しかったテスト。みんなきっと楽しいだろうなって。カーナビの声を差し替えるテストがありましたけれど、すぐ分るので、答えを確認せずそのまま寝入ってしまいました。

昼間に比べて寒かったので風呂に入ったら体の冷えた部分に熱が流れていくのを感じます。

脳内テレビ

自分の頭の中にある情報を動かしている方が楽しいので、テレビではもう暇つぶしが無理かもしれません。好きな映画と本はだいたい決っていますから、テレビが勝手に流してくる向こうの都合で出来た何かをありがたがるには年を取りすぎたみたい。

後足で砂

共同通信の後ろ蹴り記者が上司と謝りに映像とか、菓子折の中身がなにかとか興味のあることはテレビも新聞もだせません。なぜなら共同からニュースソースを回してもらって転売して暮らしているから卸元の悪口は言えません。

ほかの新聞社もテレビ局も共同通信のように自分の足をつかった取材をしよう。

うん、きれいにまとめようとしすぎだね。そんなオチは要らないのだ。

工作好き