映画を観るなら宇都宮

理由をつけて休日運動をしないと、心の健康が保てない状況になりつつあります。

先週末は日本映画のDVDを眺めていたけれど、ソウルジェムの濁りは改善されず、1991年の大正ロマンで和服の映画を見て過ごしました。和装で踊るバレリーナを見ながら、とても美しい映画だけれど1991年ごろって飯島愛先生が全盛期で、当時の男子中高生であった私が、さすがに大正ロマンの和装のほうに興味があるとは思えません。ダイハードとか見てましたので、邦画はみてません。

いままで未見だった邦画はいま見たらすごく面白い。若いときに見て置けば良かったのかもしれませんが、単純にリズムがのろいので、この歳になってはじめて波長が合います。若いときに見たらきっと寝そう。

見ようと思って見そびれている映画。
栃木県「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」の映画館(上映館) – 映画.com

こういうのって茨城やらない。だから栃木に行く。

工作好き