鋼鉄のジンバルが到着

ようやく三好キカイのユニバーサルジョイントが届きました。
鋼鉄の輝き。
負荷なしの状態で、とても軽く動きます。
強度も十分で一眼レフクラスまでは行けそう。

同一平面上に軸があって感動。
ずっとこれが作りたかった。

【工業製品】
さすが鋼鉄。
鋼材に焼きが入って削った面も処理してあります。
これを自家製で作るのは無理。NC旋盤でも持ってないと作れませんわ。
家庭用ドリルの精度を越えてます。

使用には注油が必要です。

【伝導機の部品】
本来モーターの動力を伝えるための装置です。
YouTube – WSCLATER さんのチャンネル
WSさん推奨の樹脂ジョイントでもあれだけのカメラが乗るのですから、三好キカイの金属製ならもっと丈夫でしょう。

【ユニバーサルジョイントについて】
抜け止めに平行ピンやビスが打てる穴あきのモデルにしました。
軸径は6ミリ。M6のボルトや半ネジを加工して装着します。

部品の割に値段が結構しますが、値段分の価値はあると思います。

何度か自作を試みましたが、アルミでは作りきれず。小型化出来ぬ。
真鍮加工の外注も考えたのですが、加工賃以外に設計図が必要。

何度かそれらしいものを作っては見ましたが見栄えも悪く精度もでません。
最初からプロが設計してプロが作ったものがあるならとここに落ち着きました。

---

【今後の予定】
予定では、このユニバーサルジョイントにM6の半ネジを断裁して挿入します。
グリップとホルダはVP13の塩ビパイプを利用します。
VP13とは、水道管様の内径13ミリの塩ビパイプです。

VP13は外径がおよそ17ミリです。
13用のキャップやジョイントは内径が17ミリです。
これでうまい具合に枠(ホルダ)が作れます。

そうすると、17ミリ、軸内径6ミリの606ベアリングが使えます。
606にこだわるつもりはありませんが汎用品で安価。

実際には紙で巻いたり軸受けの圧入など手間が必要になるかもしれません。

---

【既製品を使う理由】
ただ、これでありもののパイプカットだけでグリップとジンバル上部が作れます。
ここでVP13を使わない、ユニバーサルジョイントを使わなければ
各部品の固定方法に頭を悩ませることになります。
とくにベアリングのホルダ作りはやっかいです。

フルスクラッチをするなら、確かにアルミ薄板を巻くとか
17ミリ内径のパイプを取り寄せなどでできましょう。

でもそうなると辛い(笑)
ホームセンターで入手出来る部品と3000円くらいでかえる
電動ドリルあたりで作れないと、一般性がありません。
ちょっと器用な人が真似して作れる程度を目指します。
そうしないと私が自分で作れない(笑)

【楽天市場】あなたの秘密基地づくりを応援します。:秘密基地[トップページ]
特殊径のパイプも取り寄せればあります。

【本体】
あとは本体の制動をどうするか。
ベアリングの組み付けはパイプ、本体とアームをアルミで行きます。
パイプその他のレイアウトは変えるかもしれません。

三好キカイ ユニバーサルジョイントHJ-6-A-A 1個
楽天です。クレジット払い、代引きなど。

TRAXXAS JAPAN[トラクサス ジャパン]
TRAXXAS 1951って、もしかしてトラック-サス?

工作好き