駅と桜

桜の咲いているローカル線の駅舎に撮影に行きました。

ふつうは駅、桜、電車の写真を撮るのですが、わりと最初の段階で飽きてしまって、解雇福祉士と散歩に来ていた老夫婦の写真を撮る係を拝命しつつ、ニコンのクールピクスはインターフェイスがよくわからない、なぜテレコン用のマウントがこんなにデカいのだろう、簡単モード設定「花」はどこにあるのだ?と憤りつつ撮影。電車来たけど無視。そしてあいかわらずパッとしない写真を自分のカメラで撮影。

幼稚園の子が散歩に来てましたけど、見渡す限りの田園地帯で、どこから来たのか。一番近くの丘まで一キロはあります。子供って歩けるものなのですね。

工作好き