モノ・カルチャーとは

発展途上国が1種類の品物だけをつくること。

モノ(単一、モノラル、モノトーン、モノレールのモノね)

カルチャーは畑を耕すこと。「耕作」で、「文化」の意も。

-*-

コーヒーばっかり作ってる南米の農家が、国際コーヒー相場が崩れて一家が路頭に迷うなんてドキュメンタリーをたまに見ます。海の向こうは大変だとねぇなんていままでは他人ごと。「コーヒー」ばっかり作ってないで「芋」とか食えるモノも作っておけよ、と。

景気が愕然と落ち込んだ今振り返ると、あの一家の状況はもう他人事ではなくなりました。庭で「芋」作ろう。

-*-

日立建機、正社員が一時帰休も

しょっちゅう街中をクレーンが走ってるので景気が悪いように思えません。

よく見るとコマツと建機と知らないメーカーのクレーンが入り乱れて思ったよりも競争は激しいらしい。タダノとかヒュンダイとか。

クレーンメーカーリンク集【移動式クレーンの辞典】

-*-
「日本は共産主義革命を経ないで、どうしてこのような平等に近い社会を作り上げたのかその謎を学んで中国へ持ち帰りたい」
そんなものは幻想だから。もう一回文化大革命をすれば問題解決。

モノ・カルチャー>デメリット wiki

おもひでぽろぽろ [DVD] (AD)

工作好き