自作タモカメ試作

ブラタモリの、ロッドにつけたカメラが急に欲しくなったので、家にあった材料で作ってみました。

自作スタビライザーで使ったような自在金具付きの部品は付けず、棒をただ掴むだけで対応しています。実験すると、移動時の振動がカメラに伝わり画面が相当揺れます。

振動を消すための対策が必要です。

たとえばリンクロッド式の延長安定装置をつけたらどうなんでしょ。または棒の先端に小型のステディカムを独立してつけたら安定するようなしないような。重さはクリアできても、上のカメラを制動する方法がなければ向きがきまりません。ジャイロを使った安定装置も重いし、おそらく振動も消えません。いろいろい考えると、多少揺れても単純な棒で勝負したほうがよいのかもしれません。

自分で撮影した動画を見返してみると、特有の振動周期があります。カメラを水平に位置で保持するより、頭上にしたとき振動が減るります。揺れて平気な方向があるようです。自重で下に沈むときの振動が横方向に伝達されて変換されて現れると考えると、下向きに落ちたときに本体のロッドが揺れない仕組みをつくれれば、より安定するでしょう。

制作者と視聴者の架け橋テレビコ

ステディカムのロッドを延長する方法もあります。単純に伸ばすとカメラのレンズ向きが変えられません。それで、タンゴって作戦もありますが、あれはさすがに手がでません。胴に付けるベストと、非常に自作しにくいサスペンションアームがあって、そこに小型の撮影クレーンが載るわけで、それをやるくらいならマルチコプターの良いやつが買える。

T-Rex camera rig Tレックスカメラリグなるものがあります。背負子を使う方法。ステディカムとかフライカムの専用ボディスーツをつくるより作るのが簡単です。1000円くらいでおつりがきます。ここまでつくると大変。カウンターウエイトをずーっと持ち歩くことになるので、なんだろう。ステディカムのタンゴよりは安いとおもう。

Video of That T-Rex Jib slash Body Mounted Human Crane Rig

FS (New Product): T-Rex Rig™ (4-in-1 the human crane, handheld & jib)

工作好き