コンバーチブル・リカンベント

乗車姿勢ががかえられるリカンベント。

「乗り出し」は姿勢を正して、「高速走行時」により深く寝そべり空気抵抗を減らす使い方が出来きそう。単に、リアスイングアームが長いだけでしょうか?アルミの自作車のようにも見えます。

シートの下走っているアレが変形の秘密でしょうか。ハンドル位置が変化しないのはどうしてだろう?となやんでみました。あの棒がハンドルポストと連動し、ハンドルポストとシート角を連動させているのでしょう。軸とパーツが増えますから、何かと大変ですが、1台で全部乗りこなす向きには便利でしょう。

「街乗り用」の中間レンジのポジションで乗れる普通のリカンベントが1台あればいいような気がしてきました。





工作好き