Global Translator 1.3.2の設定を変えてみる

Global Translator 1.3.2というwordpressのプラグインをいじってます。

うちのwordpressのサイトマップをエディタで開いてみると、中国と台湾の翻訳結果ばかり書き出されるます。どうせクローラーだろうけれど、検索インデックスにそのページが収まるのも嫌なので、翻訳自体を無効にしてました。

翻訳なんてものはグーグルが頑張れはよいので、ブログに機能として付けるかは悩むところです。たまに、知らない国からアクセスがあるので一応復活させました。何度か付けたり外したりしています。今回は翻訳動作を60秒でギブアップするように指定しサーバー負荷を減らします。テキストサイトですから60秒あれば平気だと考えました。サイトマップの問題は、Global Translator 1.3.2自体にサイトマップを書き出す指定があったので、中国と台湾のチェックを外したまま、プラグイン自体にサイトマップを書き出させるようにしました。

工作好き