持ち歩きカメラ

いつも棒のついたカメラを持ち歩いていました。このところ、棒も弓もついてない、ただのカメラとしてコンパクトデジタルカメラを持ち歩いています。それで写真を撮り始めました。だから時々ブログに写真を貼れるようになりました。

カメラを持つ習慣がなくて、撮影のイロハもよくわかりません。ただ、持ち歩いて撮影してみたわかったことがあります。

カメラの蓋とスイッチが連動しているコンパクトカメラは便利です。

いまつかっているカメラはソニーのコンデジです。レンズが小さくてプリズムを入れて筐体を小さくしたモデルです。無理して光軸をまげているので、写真のことを優先する人は使わないモデルかもしれません。カードタイプの薄いカメラなので、一眼のような威圧感もなく気軽に取り出せます。

一眼もいいなあと思うのですが、高機能で重いデカイとなると、普段持ち歩くわけには行きません。レンズ交換式を使うメリットを享受する前に、センサーにゴミをつけて気がつかないまま動画を撮りそうですし、やはり一眼は上級者向けだと思います。私は根っからの筋金入りの面倒くさがりなので、画質は妥協してでも携帯性をあげないと持ち歩きません。何とかしてカメラを使う機会を増やしたいと思います。ちょっと、一眼も欲しい時期もあったのですが、まずは小さなカメラを使い込むことにします。

もともと動画を撮影しようとおもって買ったカメラなのでズームが足りなくなることがあります。不満がたまってやっぱりいいカメラが欲しいと思ったら、更新しましょう。

白籏史朗の山岳写真撮影テクニック

工作好き