テレビ番組のBGM

今月のテレビはがちゃがちゃしているのでコタツで寝ながら音だけ聞いていると、だいたいエウレカセブン、およびエウレカセブンAOと、コードギアスの曲ばっかり。

映像を作る制作会社が同じなのか。安ディレクター兼カメラがハンディカムでお手軽に素人に密着。もしくは安く使えるタレントとお散歩したりバスに乗ったり海外に日本人を探しに行く番組。特定の下請けで作るから編集する人も同じなのだ。

もうひとつ、同じ曲ばかりかかる仮説としては、楽曲の使用料が安い可能性あり。コードギアスはソニーのオタク向け部門MusicRay'nです。エウレカはアニプレックス。安くはないなあ。テレビの楽曲使用料は、定額だったり従量制で番組全編同じ曲ではなく、後半になるとなんだかしらない(私が知らないだけの)曲にすり替わるので、ギアスもエウレカもお金はかかっているのでしょう。

曲を付ける担当が三十くらいか。吉木りさがロボットアニメ特集に出たときギアス押しだったから、観てた世代が編集室におるのでしょう。

ロードムービーのようなタレント随伴番組では、新ルパンやら特攻野郎Aチームを使うので年齢が高いの。わたしと同じ四十くらいが曲をつける編集室にいる。三十の若手と四十が両方いると考えよう。

テレビのBGMは、ガオガイガーが席巻した説もございます。田中公平先生の膨大な作品リストを拝見すると、きっと使ってるのでしょう。リストをみても、生憎私はエスパー魔美しかみてない。

田中先生がアニメ畑を掘り起こしていたころアニメと疎遠な「大人」でした。サクラ大戦はぜんぜん触れていなくて。じゃあ、「どうしてエウレカはわかるのかとコードギアスは知っているのだ」と問われれば、それは「大人になりすぎだ」と申し上げるよりほかございません。

大人も過ぎて、私はなぜか2007年ごろ急にアニメに帰ってきました。やったことといえばサンライズ作品の一気観。カーボーイビバップ、攻殻機動隊、ターンエー、ゲイナーを見直し。若手は長井龍雪すごい。しばらく観てましたけれど、いまはなんだか息切れ。ゼータとダブルゼータは別にいいかなあ、でもGガンダムは宿題。ウテナも観とかないと行けない気がしてきました。

おたんこナースのお仕事

あたらしいwordpressのテーマに変更して、デフォルトで運用していましたが、全文が読めないと不便なので設定を直します。テーマの設定で全文表示のチェックボックスをオンにして作業終了。

こんな便利な道具をタダで使ってよいのか、世の中は不思議。使いにくい物が高い値段で売ってると思えば、更新されて良くなるソフトウェアがタダで使えます。

高くて使いにくい物ってなんでしょう。思いつくのは、まず自動車。最近FRで車高の高い乗物を転がしているので、ドライブはイヤではなくなってきました。元々苦手なのが、まあいいかなあと思える程度ではあります。

テレビは、中身のソフトが悲惨なほどダメなのに、見るのに時間がかかります。真相を知るためにコマーシャルを跨ぎ、箇条書きで三行ぐらいの話に五分かけたり、俳優様のステキなこの後のドラマのお知らせがあり、あんな叫んでるだけのセリフ回しのテレビ映画なんて誰が観るのかはなはだ疑問であります。あの叫ぶ演技はいつからなのでしょうか。

織田裕二は叫んでます。佐藤浩市も叫んでそう。映画が衰退してテレビの時代になって、テレビが完全にテレビになって演出家が居なくなって、さてドラマを作ろうと思ったら叫ぶしかないという、演出の放棄だと思ってます。それがいつどの時点でこうなったのかというと、1996年あたりではないかと。他人のネタを使うことに、90年代前半は多少後ろめたさがあったと思うのですが、95年あたりから顔の皮膚組織が厚くなったようで。

『おたんこナース』のドラマ化を原作者が断ったら
吉田豪情報。

asahi.com(朝日新聞社):「脚本家名ない」作家協会が抗議 映画「アマルフィ」 – 映画 – 映画・音楽・芸能

あの組織の体質でしょうか。

自動車のデザインも昔からどこかの贋物が横行してますし。昨日みたAZ-1はもう作れないのかも。

おたんこナースのお仕事は、原案をもらってきて、立ち上げたことは評価すべきかもしれませんが、原作に断られたときの身の処し方としては、あんまり上手くはありませんね。

ナースの話を見てナースの話を作るよりも、ちょっと工夫すればまた違うものができたのに、当時のテレビマンはもう先にやることを決めてしまって、そこから原作に相談に行くのは変な話です。

マンガを読んでテレビドラマになるだろうと思うのは、今の時代当然なのでしょう。コンテもカットも筋も決ってますから、作るのは楽。それが面白くなるかはまた別のお話で、あれきっと、テレビの人たちはマンガの人を下に見てるのではないでしょうか。

原作に降られるという悪手は、きっとテレビの中のエライ人が「ドラマ化すると言えば原作はかならずなびくだろう」という思い込みがあったからで、そう思うのはテレビのほうがエライからという、曖昧な根拠です。たぶん中の人にとってテレビの偉さは明確なのでしょう。

テレビの偉さとは、そこに動いているお金の嵩で表現されますから、1995年あたりの景気が悪くなり始めた頃でも、金はあったわけです。

一方マンガの原作者もお金は在りますから、変なドラマ化を断るくらいの甲斐性がありまして、そこが、テレビの偉い人の想像の埒外にあった。最大の問題は、断られた後でも懲りずにドラマ化してしまった、そのテレビマンの熱意というか適当な感じが怖いですね。

ドラマをみていない私が22年経って、へんな話だなと覚えています。企業イメージも悪いし関わった人の印象もよくない。

同じコトが球団を持っているIT企業(楽天じゃないよ)による医療サイトのしくじりに良く似ています。お金があって傲慢になると、時代が変っても人間やることは一緒なのです。

たぶん今の若い子は22年後にこう思うのです。ああ、あの野球チームを持っている会社は、デジタル万引きのマネをしたぞと。

両社とも自力で物を作れないのに仕事として作っているフリをしなくてはならなくなったゆえの不始末。 出来ない物はできないと言えばいいし、出来ないところからはじめればいいのに、他人のなにかをかっぱらってきて出来るフリをしていては未来がありません。

たしかに高度経済成長のころの製品は海外製をマネして国内市場に投げれば儲かってましたから、あのころからマネだったのではありますが、いよいよマネが利かなくなったら楽しいとおもって新規にはじめればよいのに、まだどこかになにか落ちていないかと狙っているような人ならば、創造的な仕事ではなくてもっとその才能を生かしてサービス業に行くとか気持ちを切替えて頑張っていただきたいと願っております。

ナレーターは不死身

ときたま和菓子を買います。通学路の途中にある和菓子屋で何度も観ているけれど男子高校生はまず入りませんので人生初入店。

まんまるの大福。いただきますとあたりさわりの無いほどよい甘さで、なぜか記憶に残りません。ふだん甘すぎる大福を食べ慣れて、すっきりした味が楽しめなくなったのかもしれません。上品でした。

引き続き読書。読める本の偏りが激しくなり以前は読めた作家の本が読めなくなってました。自分がステップアップしたのか年取ってわがままになっただけなのか。

読めなくなる本の裏返しで、読めるようになった本があり、一部小説が面白くなってきました。以前なら絶対読まないのに。

普段読まないジャンルも読むと発見があります。「尾形光琳が画家になった理由は破産したから」

破産しなければ絵を売るほど描かなかったと思うと、ありがとう破産。

なにかができあがるときはいくつかの偶然が重なります。
“UFOを流行らせた男” 矢追純一81歳「空を見上げてほしかった」 (文春オンライン) – Yahoo!ニュース

日本テレビの立ち上がりのときも、なんだか分らない人が沢山入ったようで、福留さんが書いたウルトラクイズの本など読むと今とは熱気が違います。

一説によるとこの時代、テレビ局が海のものとも山のものともつかず、クセのある人がたくさん入ったようです。ジャズマンのようなエリートというより遊び人寄りの人もテレビに流れ、たとえば日本テレビの音楽を管理する会社の社長はドラマのBGMが足りないときは自分で演奏したといわれます。

テレビは映像と音楽が半分ずつで、中に写る演技できる人も必要で、市役所のような採用方法をしていたら成り立たないのでしょう。TBSやNHKは放送劇団を作って演者を育成して、いまでも活躍しています。ナレーションあたりは定年がありませんから、羽佐間道夫さんや池田昌子さんが現役で牧大輔さん、銀河万丈さんの声を聞くとなんだか子供の頃から利いて居るぞ、一体幾つまで仕事をされるのか、不死身なんじゃないかと。

それで、久米明さんがふつうに仕事をしているのを聞くと、やっぱり不死身なんだなと思うのです。

水戸黄門の武田鉄矢に水戸の人は思う

海援隊の中牟田俊男、千葉和臣両氏が助さん格さんになって、フォークで世直ししつつ、テツヤがお説教してまわる時代劇ミュージカル。是非みたい。

きっとバンドメンバーを引き連れて、各地にいる吉田拓郎とか泉谷しげるの殿様を、対バンでやっつける、時代劇版マクロス7みたいな作品になると思います。

刀の試し切りで町民を切ってる泉谷をたしなめにいくのですが、聞く耳を持たない。屋敷に入って床の間より取りいだしたるエレキギターをかき鳴らし「者どもであえ」と一喝。するとベースとサイドギターが登場。ふすまを開けるとドラムセット。そこで泉谷の守。

「印籠?徳川?そんなことはしらねぇよ、オレの歌を聴け!」

それで最後テツヤの説教。

なぜ武田鉄矢なのか

自分のバンドに海援隊って名前を付けるくらい坂本龍馬が大好きで仕方ない武田さんが、徳川の副将軍の役をよく引き受けましたね。やはり、人選から推測するに各地をまわってバンド対決というシナリオになる。みたいなあ。

TBSの学園ドラマ主演のフォーク歌手を水戸黄門とする場合の他の案

仙八先生ではさとう宗幸さんでした。
水戸黄門より仙台だからもしやるとしても伊達。

岸田敏志1年B組 新八先生
ふしぎとぜんぜん記憶にありませんが、金八スタッフのお仕事。

3年B組貫八先生 – Wikipedia
水戸の人としては、深作欣二監督川谷拓三主演で水戸黄門が観たい。
悪い旗本が馬で護送されるときに流れるのが中島みゆきの「世情」で、東京六大学のコーラスソサエティがうしろで歌ってます。途中繰返しの歌詞の一部を盛大に間違えてまして、これを機に現代のデジタル技術を駆使して直していただけないものでしょうか。聞く度に、ああ間違うんだなと気になって仕方がない。

気になることが合ったので、図書館で調べてきました。
深作欣二ラストメッセージ
「四谷怪談」を作るときに「水戸黄門」的にも「大岡越前」的にも作らないと表明されてます。だから水戸黄門はたぶん無理だなあ。フルーチェが大暴れしてもイイならできるけど、パナソニックにその度量の持ち合わせは無いね。

お風呂に入る係を誰にするか問題

木村カエラかなあ。フォーク世代が分るギリギリが彼女ではないか。カルメンマキにします?

YMOは当然メンバーがそれぞれ悪い殿様ですよ。フォークが正義でロックが敵の構造も面白い。治水の難工事困ってる若侍のゴスペラーズに手をさしのべるテツヤ黄門。好感度急上昇。

伊勢正三良い人そうなので、元祖と本家で揉めて欲しい。お世継ぎ問題で側室か本妻で揉めるときのお姫様は喜多嶋舞でお願いします。よく時代劇でお見かけした記憶があります。

井上陽水がアヘンを密輸している長崎の奉行で、そのときは2時間スペシャル回。ひとり捕まえるとあとからどんどんわるい子がでてくるでしょう。ゲストが豪華。

そういうミュージカルを見せて下さい。

ピンクの電話とハイヒール

オリンピックが終わって次は東京五輪。主題歌はいまの勢いで椎名林檎か。

AKBとエグザイルが踊り狂うよりは、リンゴ師匠で。

リンゴ師匠といえばハイヒールリンゴさん。ハイヒールの漫才はマイク1本で行う。

漫才 ハイヒール モモコ リンゴ – YouTube

すこしあとからてでてきた「ピンクの電話」はコント。事務服多し。

ピンクの電話 ネタ – YouTube