リミット

カメラ重量に制約を受けます。アルミチューブは強度の上限があるので、重いカメラを乗せるのには向いていません。そのときは素材を変えます。

カメラは今使ってるTZ-5が現行スタビライザーの上限です。TZ-5に合わせて作ったので強度はぎりぎりです。走ると映像が破綻します。240グラム。うちのはジャンク引き上げなので、液晶が半壊しててiAモードと写真モードが使用不能ですが、どういうわけか動画が撮れるので愛用してます。よく墜落させたり投げたりしてますが、なかなか丈夫です。

いろいろ調べてますが、決定打に欠けます。どのメーカーも安価で高性能な動画もとれるコンパクトデジカメを作っています。それぞれ優秀すぎて、ものが溢れて選べないというのがいまの状態です。

センサー部分の広さや、レンズ構成をみても大差ないし、動画に関しては最新式であるほど高性能。そしていまひとつ差が見えません。一眼を調べると急に値段が上がるし、なにより問題なのは重量増。240グラムのまま高性能にしてくれればいいのに。

条件を書いておきます。まず、安いこと。ミラーレスでもいいけど、ミラーがない分安くないと嫌だ。撮影中に液晶はほとんど観ない。撮影確認ランプが点滅するくらいで充分。重量は限りなく軽くしたい。1080HD60fptは必要。女子を撮る予定はないで、肌質はでなくてもいいけど錆びた鉄はきれいに撮りたい。Fの明るくて軽いレンズが付くといいなあ。手ブレ補正は要らない。出先でレンズ交換もしないと思う。

ということで、余所の人は自作に限らずステディカムやグライドカムになにを乗せているのかなあとyoutubeでみてみると、T2i,7D,Mk2,kissあたり。
価格.com – パナソニック LUMIX DMC-TZ5 のクチコミ掲示板


Steady Dragon version 2.5 review March 2012

この形なら作りやすいし、調整も楽だね。
アルミだと厚みを3ミリ以上で作らないとバネになる。
厚板がいやなら、隙間をあけて2枚張りでつくってもいいかもしれない。