パノラマ写真の撮り方

パノラマ写真の作り方はみっつ。

1:カメラのパノラマモードで撮影して、カメラ自体で合成する方法。

2:フォトショップなど自力で合成する方法。

3:パノラマ合成専用のソフトを使う方法。

まず、1について。
家にあるカメラのうち2台がパノラマ未対応機種でした。対応機種でもパノラマ機能がカード側に入っているので、追加で買ったメディアでは撮影できません。

それならと、2の自力合成を試みました。

しかし、うまく行かず。レンズの小さい短焦点カメラで撮影した画像のため、周辺画像が蹴られて暗くなっています。レンズに光が入って露光もおかしい。画像の補正にも限界があります。

こりゃだめだと3の、パノラマ合成専用ソフトを試してみました。
もちろん、フリーソフト、PhotoFitfeel です

フォルダから画像をグリッドし・・ええ、日本語だとなんていうんだ、PhotoFitfeel (フォトフィットフィール)と画像の入っているフォルダをウインドウ上に並べて、画像のフォルダから画像を掴んでPhotoFitfeel 上に置いきます。並べたい画像の枚数は今回3枚。

並べた後ボタンを2,3押して書き出し。

PhotoFitfeel 上で合成。完成したのは↓こちら。
※Webにあげるにあたり軽量化(劣化)済み。

クリックすると新しいウインドウで開きます。
>>同一ウインドウがよければこちら

素材は先日なんとなく撮っておいた公園の画像です。

森は繋がりやすく、空などツライチの部分は難しいようです。

画質に関しては撮影側の問題で、300万画素の、今なら携帯電話のカメラより劣る、レンズ径が7mmくらいしかない単焦点カメラで撮影してます。

元の画像が駄目なので左の色身が飛んでますが、右はちゃんと繋がってますね。もうすこし重なる場所を増やせばこのまま繋がりそうですしちゃんとしたカメラならもっとちゃんと繋がりそうです。

補正ナシでこれだけ合成出来るPhotoFitfeel は結構すごい性能を秘めているのかもしれません。

PhotoFitfeel でもっとキレイに合成するには、レンズ形の大きいカメラで補正して取るか、撮影した画像を補正したほうがよいでしょう。最近の500万画素以上のデジタルカメラなら、もっと簡単に、もっとキレイになるとおもいます。

【ダウンロード先】
PhotoFit feel 見たことのないような超大画素写真・超広角写真・パノラマ写真・全景写真を作ろう

【操作方法】 パノラマ写真作成方法 操作方法。

工作好き