カメラがお好きなんですね

動画を撮影してたら、通りすがりのおねえさんに「写真ですか自然がお好きなんですね」と問いかけられて、笑顔で「そうなんです」なんて答えてましたけど、写真じゃなくて動画だし、自然はそんなに好きではないし、ついでにいうとカメラもそんなに興味がない。パソコンのホルダをみると、見事なくらいに写真を撮ってない。

ブログを書くときに写真が必要だと思い、ある時期から静止画を撮影するように心がけています。ほかの人よりは遊びでビデオを撮る機会が多くありますけれど、どちらかというと表現としてはテキストのほうが好きです。そして、電子機器があんまり得意じゃないので、私用で出かけるときはポケットから携帯電話とカメラを出しています。だから、写真自体撮らないんです。

最初に買ったカメラは、デジタルでいうとオリンパスのミューシリーズ。フタの連動スイッチがあっさり壊れて画素数を下げて二代目を買って長いこと使っていました。そのまえにシャープのEZ-1とかいう動画用カメラを買いましたけれど、電池の持ちが劇的に悪くて使い物にならず。いま気に入って使っているのは、オリンパスのさらに画素数を下げたモデルで、撮影したデータもボディも軽くて便利です。さすがにkissを買ってしまったのでそちらを先に使いますけれど。

我ながら結構いい歳なのです。これまで、写真なり絵に興味があるのかもしれないと思ってきました。映画が好きなので、ビデオも好きなのかなあと思った時期もあります。しかし、実は写真も動画もそんなに興味はなくて、いい文章を読みたいだけだということに最近気がつきました。疲れてどうしようもないときに本は読みますが、テレビは見られません。映画のために遠くに出かけることはありませんが、古本屋に行きたくて遠出することがあります。だから、写真よりも動画よりも、文章が好きなのです。

これが、カメラが欲しくて遠くに行くようになったらたいしたものですが、きっとそうは成らないでしょう。カメラは小さい方がいいし、落としても壊れない方がいい。壊れても部品を取り寄せて直しちゃうので、ボディー自体は大きい方が修理は楽ですし、バッテリーの持ちもいい。ただ、軽くしてねと。

おもいカメラで頑張って撮っても、結局YouTubeの仕様で圧縮されてしまうのなら、最初から小さいファイルでとれば良いようにも思います。なにかこう、しっくりきません。





工作好き