ニューモデル完成

仮組の状態からホームセンターに行かずに完成させました。色塗りはしてないのでアルミの地の色のままです。カメラステージの板も床材の合板なので下地材の色のままです。色はともかく角パイプで組み立てたモデルが完成しました。

アルミ角パイプはずいぶん昔に曲げた物です。いつ作ったのか忘れました。たぶん、角パイプのほうがネジを立てやすいので完成を見込んでつくったものの、当時使っていたカメラが軽かったためそのままでは使えずお蔵入りに。その後、一眼レフを購入してようやく陽の目をみました。

丸パイプに比べ、角パイプのほうがカメラの取り付けは簡単でした。使った金物の向きがあんまり良くなくて微動が上手くできません。ネジを使って微調整するのが本筋ですが、指の微妙な感覚で調整しています。まだ、各部のマシ締めが甘いのと、カメラスライダー部分の補強ができてないのでカメラをほんの少し右に動かすと、前後左右全部狂います。

一通りヤスリを入れてネジの長さを揃えて使えることろまで持ってきたので、あとは使いながら部品を足したり磨いたりを繰り返します。いよいよ完成となったら、そのときは記念に色を塗ろうと思います。

廊下テストは良好。画質が一眼の品質に向上し薄暗い場所でもよく写ります。

細かい部品はただの差し込みだけですませました。ブラインドリベットを各部に打ち込んでいこうと考えていたのですが、いざ組み立ててみるとリベットを打たなくても材料の保持ができました。カメラステージ同様、グリップ周りの構造が独特でまだ使い慣れていなくて縦に保持するのに気を使います。もうすこし練習をして、改良して使いやすくしたら外で使って観ようと思います。

もう梅の花が咲いてしまいました。





工作好き