夏の日の思い出

背中に卒塔婆を2本背負ったマウンテンバイクの人とすれ違いました。お盆なので当たり前のように見ていましたが、あまり卒塔婆を持ち歩くことはありません。彼は何者だったのでしょう。卒塔婆プリンターで書いたものですとフォントでなんとなく分ります。彼が持っていた物は手書きでした。あまり家に持って帰ってお祭りするなんて風習はこの辺にはありませんが、地方によっては飾るのかもしれません。

塔婆印刷 – YouTube

オタクが公園でいわゆるオタ芸を練習していました。文化的によく分らない世界です。好きな物で自分を表現するのは若者の特権ですけれど、芸というにはひねりが足りません。私自身がスポーツマンかオタクで分類すれば明らかにオタクなので同族には寛容なつもりでしたけれど、昼下がりの風のない湿度の高いときにアレをみると、そりゃ、世間に疎まれるよなと疎む世間の気持が分りました。

半端に空いている駐車場を痛車が斜めに突っ走っていきました。縦横に並んでいるとき、移動する他の車のことを考えると斜めに移動するのは非常に危険です。ああいう走りを怖く思う程度に大人になりました。普通の車で事故を起こして警察と並ぶのもなかなか辛いことなのに、ましてや痛車で実況見分が終わるまで野ざらしにされるのは想像するだけで心が痛みます。安全運転で無事故無違反が続きますように。

ヤフオクで見つけた「卒塔婆(そとば)スキー」: FDクラススタッフ控室(地下2階)





工作好き