東京オリンピックに綱引きを!

次のオリンピックで野球とソフトボールを競技に!という機運があります。

その反対に、オリンピックに野球だけは入れたくない人がいます。

野球大好き

野球好きの人は野球が嫌いな人のことを知りません。日本中の人が野球に好意的だと信じて疑いません。しかし野球の中継が伸びて金曜ロードショウで録画した映画の最後の30分が録画できなくなった映画ファンは野球なんて見たくない。オリンピックの公式競技にならないようにお百度を踏んでいます。むしろ「綱引き」が公式競技になれば良いと考えています。

野球中継で放送がたびたび潰されたアニメファンもいまごろ恨みながら護摩を焚いて即身仏になっていることでしょう。

一説によるとザ・ベストテンのジュリーを観たいのに父親が頑として野球中継を譲らなかった。ジュリーファンは母になり、父と息子の接触を拒んだそうです。少年は年頃になるとサッカー教室で活躍しました。もちろん母親の強いサポートで。ジュリーファンの怨念がいまの日本サッカーを強くしています。

時代の変化

町内会に25世帯もあれば草野球ができた時代もありましたが、もういまでは子供の存在すらあやしいものです。役割分担が明確に決まっていて9人揃ってようやくひとチームとなる野球は時代に合いません。次の世代を取り込めない遊びの残り時間はもう残っていません。

豊かな時代のスポーツのあり方

各人各様に好きな競技が出来ようになりましたので、トランポリンでもカバディでもなんでも出来る幸せを噛みしめることにしましょう。だいたい夏のオリンピックなんてやってる人たちが楽しいだけです。ためしに新聞とテレビをみないようにすると、オリンピックの存在を忘れることが出来ます。

オリンピックを観たいのですか?

昨晩のニュースでは電電公社がスポンサーになって喜んでました。スポーツに広告が付いてメディアが飯の種にしているのが見えてしまうと競技自体も実はどうでも良くなります。本当に好きならば野球にしてもサッカーにしてもきちんと国内にリーグがありますのでそちらが盛り上がった方がファンは楽しいのではないでしょうか。競技としてみたいのならば世界陸上も世界水泳もあります。

東京オリンピックは8年後でしたか。結構先の話です。そのころまでAKBがいるとは思えません。国立競技場は揉めに揉めて壊せずインド姉さんが思いついた新競技上案は構造上の無理が多くて建たないと言われています。お盆の一番暑い時期に都内でマラソンをするのはまずいので福島のいわきあたりをコースにしましょう。いわきなら山あり平地ありで楽しいのではないでしょうか。海沿いなら多少すずしいですし。

正直競技はどうでもよくて、開会式の演出を誰がやるかで血で血を洗う闘争がおきるかもしれません。そこがいまから大変楽しみです。だいたい開会式は映画監督か、舞台演出の人が総監督になります。日本映画ですと「天と地」の戦闘シーンを思い出す限り黒澤明あたりが適任ですがいまいない。

天と地の戦闘シーン

もしくはスタジオカラーに頼んでシトをひとつ落としてもらう。
【エヴァンゲリオン】第8使徒サハクィエル戦 – YouTube

工作好き