落語家とぽんぽこ

平成狸合戦ぽんぽこを一部みたら、落語家が沢山。20年立つとこんなにも落語家が鬼籍に入ってしまうのか。
ナレーションの志ん朝。小さん、米朝は歳だと思って諦める。志ん朝の夭逝は残念。

若者役の神谷明はあのなかに混ざると青年役が初々しい。当時でも結構なベテランのはずですが、周りが神谷明以上にベテランなので若手に聞えてしまいます。落語家のお歴々は上手いとか下手とかを越えたところにいるので、バランスとして相手役は神谷さんなのだ。

どうやって録音したのやら。ブースに入ってマイクの前にたったのか。別取り、抜き取りの個人個人で吹き込む方法にしたのか。人間国宝が録音ブースに並んだ絵を想像したらすごく面白い。1枚くらい写真がありそうなものですが、ないから別取りかな。

機動隊の放水車がヤケに念入りに書かれていて、またそれかと。多摩センターっぽいところと、高圧線の配置からあそこかなという山がいくつかありました。多摩川は聖蹟桜ヶ丘よりももうちょっと下流の府中あたりまで下がらないと宝船は動かないぞ。

『タッチ』達也役声優 捕手役の林家正蔵にダメ出し – エキサイトニュース

工作好き