新潟-成田は飛行機で1時間

百里基地こと茨城空港での航空祭が近いので練習機が飛んでいます。ジェット機が気になるので音がすると上を見上げて機種を確認してます。

航空観閲式の時はいろいろな自衛隊機がパレードしてくれます。航空祭の場合はファントムとF-15j。基地の近くなら救難機も見られます。

しばらくすると遠くでプロペラ機の音が。

これはp-3CかYS-11かなと空を見上げると高々度に一機なにかが飛んでいます。飛行高度が自衛隊や茨城空港に降りる民間機の高度ではなく、成田に向う便でした。茨城上空ではまだまだ結構な高度で飛ぶので、肉眼では尾翼までは判別できません。

8倍の単眼鏡で確認する全日空の細長い双発プロペラ機でした。

ちょうどPCが付いていたのでフライトトレーダーで機種を確認しますとカナダ、ボンバルディア製の双発機でした。フライト計画をみると新潟空港から飛び立って成田まで1時間です。高速道路も新幹線でも1時間ではさすがに無理。プロペラでも飛行機は断然速いのです。シグナルというかテレメーター?が出てない。

日中、結構な小型機が日本中を飛んでいることが分かります。機体の大きさに比例してフライトトレーダーのアイコンも拡大縮小しますから、ためしに小さい機体をクリックするとどこかの観光遊覧飛行中のビーチクラフトだったり航空会社のビジネスジェットだったりします。私が気が付かないだけで小型機は沢山飛んでいるようです。





工作好き