水戸の商業地はマンション化

水戸駅前の証券会社が撤退。

ビルの入口に貼ってある紙を熱心に書き写しているおじいさんを見かける。移転のおしらせの封筒を開けないタイプかもしれない。移転を知って慌てて移転先をメモしているみたい。これからは柏支店をよろしくとありますが、千葉の柏は相当遠い。

水戸駅北口から大工町にかけての通り沿いは空きテナントだらけ。この五年くらいの間にオモチャ屋、家具屋、映画館、本屋にデパートが更地に。証券会社が逃げ出すレベルの不景気。景気が上がってきても人が逃げているので簡単には戻らない。更地になにかを建て直して商売をする人はほとんど居ないので、更地とマンションは増えるばかりに決まっている。

あんな通り沿いにマンションを建てて、空気も悪いしそんなに住みやすいとは思わないのだけれど丘の上なので長めは良いのか。

常陽銀行本店の前に作っているのはなにやら高そうなマンションで、そのとなりにコンビニを作りかけています。外観を見る限りローソンかサンクスか。

新規出店はコンビニばかり。あとは駅前に河合塾ができて、その反対側に大原の簿記学校が来て、教育関連はまだ余地があります。私立大がもうひとつくらいあっも良いのですが。電子系の専門学校とか声優の専門学校とか。マンションを造って人を増やしたら次は夢を追わないと。

工作好き