水戸市内で1000万円のビル

某俳優が転売を試みたのが、なぜか水戸市内のビル。

一千万円のビルを二千万で売ろうという計画。

耐震基準は2度改定され、昭和の新潟地震の時と阪神淡路大震災の時に強化されました。

1996年以降の基準を現行とした場合、水戸市内で建築業の会社社長が気に入って2000万円を出せて、1996年以前に建てられた建物というとある程度数が絞られます。

正直どこなのはまでは分からないけれど、水戸駅から車で10分以内と仮定してどのビルか考えてみます。

それにしても一千万円で手に入るビルってどんだけ安いのよ。ビフォアアフターで足の悪いおばあさんが出す理フォーム費用より安い。都会の基準で値段を踏むと高づかみします。

水戸駅南口周辺で一千万円でビルというと、市役所方面にいくつかあります。商業ビル、オフィスビルに絞って考えると、96年以降に立ったビルはそれほど多くありません。駅から歩いてすぐの場所に雑居ビルが沢山あるのでその中か。ただ、どれも一千万円で買えそうにない。上物の一千万円って三階建ても無理ではないの。

南口から左手に大きめの、その昔謎のクラブバーの入ったビルがあります。あそこはいま稼働していないのでもしかすると安く手には入るかもしれない。空間が広くて開口部が大きく地盤がわるいから手直しは必要です。

桜川の手前で考えると、旧渋谷ゼミは空いてる。ただ、あのビル一棟一千万だったら破格に見えます。たぶんちがう。

川沿いで、千波大橋までの間だにはビルはないし、テナント貸ししたときに儲かる要素が思いつかないので南口は難しいと思います。

北口に目を移して、駅前から検索してみましょう。

三の丸ホテルの向いに古いビルがあって、上の方は空いています。駅前で好立地ですが私が子供の時からあるし、下手すると新潟地震の前からあるかもしれない。予備校の駿優が持っているビルはもと教育会館で、あの向い側にちいさなビルがありますがあそこも商店向けというより事務所のような使い方でしょう。

又貸ししてテナントをいれてそのテナントの賃料で儲かる予定であるならばもうすこしよい立地が必要です。北口をでて正面の銀杏坂の右手にビルがいくつも並んでいます。半分くらいは空いているのであそこのどこかは安いかも。1箇所きれいになおしてギャラリーにしていたビルがあって、見栄えがよくて立地が良くてそして結構古い。

その並びのビルも総じて古くて、使うならば手をいれる必要がありそうです。一千万のビルで、ただし修繕費が二千万円ということは実質三千万円の価値があると言うことです。三千万円分価値があるならば、郵便局の並びで駅が近ければ、もしかすると安い買物かもしれません。

ついでその反対側、宮下銀座商店街のほうを思い出してみます。内部に深いアーケードのある飲み屋街です。こちらも新潟地震以前にあったかもしれない。宮下銀座から奥の方にいくと昔の花街になるので、そこまで進むとビルはありません。

大通りはおそらく資産価値が高いので、建物を放置しておくと固定資産税が高くて大変です。そこでテナントがはいならいとみるやすぐに解体して駐車場経営に切り替わります。

あとは大工町。あの中なら安いビルがあるかもしれませんが、私はあまり詳しくない。天王町の中に有名なトランプのビルがあって、そこまでいくと今度はどんな抵当権があるのか分からないのでふつうは買えません。だいたい誰の持ち物なのかすら分からない。

道路ができて急に好立地になる建物も思いつきません。一体どうなのでしょう。それと、その俳優は一体だれ?特撮俳優らしい。東映か円谷か知らないけれど、もうちょっと俳優を選ぶときに素性を観ましょうよ。

借金トラブルと報道 「契約解除もありそう」と芸能記者 – ライブドアニュース

工作好き