水戸市の成人式はリスクがいっぱい

散歩しているとコンビニから「ガツン」という異音。振り向くと青いソアラの腹から出た音。このコンビニ、最近改修して歩道の乗上げも低くしたはずなのにソアラの腹はそれより低いのでぶつかるのです。

今日は成人式。水戸はニュースになるほど荒れて、ここがヤンキータウンであると身につまされます。

水戸市の成人式で妨害騒ぎ(2016年1月10日(日)掲載) – Yahoo!ニュース

アンノさんはTwitterを使っています: "これが茨城県水戸市の成人式だ https://t.co/YxafMj0j3d"※閲覧注意

県警は武装警官を20名投入。丸腰では危険ですからね。ただ国家権力の人も連休に余計な書類を書くのが面倒臭いので暴れた者を諭して許す温情判断。元気の良い者を立てるのが水戸の良いところ。肩にトゲトゲの付いた服を着てる新成人もいるので、なんでもやった者がちの世界です。

目立つ人の隣にいると、なれない転校生は死んだ魚のような目になりますがそんな軟弱な奴らは一流の水戸人にはなれんのです。

一流の水戸人たちに授業を妨害しますので、荒れた公立中学に間違えて転入すると死んだ魚の目をした中学生ができあがります。死んだ魚の目の中学生は高校になるとようやく息を吹き返します。一流のひとたちは一流のヤンキー高校に行くので両者が接触しなくなるのです。

私が中学生だったころは実業高校にエリートが流れました。行った先の高校教員の多くが鬱病やアルコール中毒になり寿命を縮めていたものです。いまは水産高校で倍率が二倍になりましたので、ファッションとしてもヤンキーなどしていると内申点で損をします。

少子化で彼らの総数も半減しているのですが目立つので減った気がしません。高校の倍率を考えると、絶対に進学できないコが増えているのですが、そこは民間の通信制で四年通うと高校卒業資格がもらえるサポート校が拾っていると聞きます。就職の時に履歴書で出身部族がばれちゃうけれど、ふつうに就職しないからべつに問題ないのかもね。

水戸は北斗の拳みたいな世界です。本屋に「本気」とか「カメレオン」が置いてあるとご満悦の人ばかりが肩にトゲトゲのある服を着て住んでいます。こんな世紀末救世主伝説に住み続けたくないと思う人々は普通高校に入り、必死で勉強をしてソラニンの宮崎あおい風女子大生のいる都心の大学に逃げてしまいます。

上から順に優秀な高校生が都心に流出していきますので水戸市の人口は増える気配がありません。だってみんなむこうで宮崎あおいに出逢って帰ってこないんだもの。

大人しい人たちが去ったあとの世界で、残った人たちだけで交配が進み肩のトゲトゲのある人たちがトゲトゲの本数を増やしながら増殖していきます。そうして出来た町が水戸。アイラブ水戸。

魔夜先生のマンガを引き合いに出すまでもなく、北関東の海側は鉄道が発達していない地域ですから都心から普通列車で3時間かかれば文化も異なります。関東で言えば僻地でありますので、人間が混ざらないのその地域独特の固有種が増えていきます。本当は常磐線が新幹線になるはずでしたが、総理大臣を代々輩出している群馬県と、新潟に新幹線を引いた田中角栄によりつぶされ、さして速くない特急だけでは町は発展しないのです。

そのため他所の地域からみると面白い人がたくさんいるのかもしれません。私はうまれてずっと住んでいるので気が付きませんが、そのうちBBCの動物取材チームが撮影にくるくらいに変った生態の生き物が住んでいるかもしれません。サファリみたいなものですから。よく縄張りの取り合いとかしてますし。

追記
「なめんじゃねー」と水戸市成人式を妨害容疑、新成人ら数人を立件へ (産経新聞) – Yahoo!ニュース
俺はやってやったぜ!とSNSに書いたら茨城県警に見つかって立件。
水戸市の成人式を妨害した「営業妨害」について問われます。
起訴されて有罪になると前科が付きます。起訴されても不起訴なら前科が付かない。

温情判決になるかどうか。たぶんだめでしょう。

起訴 – Wikipedia
起訴と不起訴とは | 刑事事件に慌てないための基礎知識 | 刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

営業妨害の実害があること。民間の警備員ともみ合いになっている点。誰が茨城県警のノンキャリアの警察官僚であったとしても、来年を見越して立件するでしょう。

この手の妨害は、水戸市では初めてかもしれません。

騒いだ男たちが、まったく考えにいれてないことがあります。それは新成人全部を敵に回していること。たとえばあの中に警察関係者の子弟が何人いるのか。若手の警察官本人が何人いて、警察官志望の水戸駅前の専門学校で学んでいるマジメな学生が何人いるのか。警察幹部になりたい大学生もどのくらいいるのか分からないわけです。そんななかでやらかした事件ですから堪忍袋の紐はギリギリ締まっただけで、ふつうは即立件なのです。警察は「お目こぼし」してやろうというのが昨日までの流れでした。しかし、式典妨害後彼ら自らSNSに書き込んだのは全くの失敗でした。

調べるまでもなくご自分でお名前を出されてるので特定できます。twitterのログも一括で並んでました。狭い交友関係の中ですから、三クリックぐらいで学校名が出てきました。インターネット怖い。

二十歳振袖館Az|成人式の振袖レンタル、卒業袴レンタルは、水戸、ひたちなか、つくば、日立に店舗があるアズへ
常陸太田市で殺人事件、小野瀬拓海さん暴行受け死亡-3人逮捕=傷害致死 | 日刊時事ニュース

茨城の真ん中あたりにある企業としてはリスク管理の観点から彼らの交友関係を洗っておきたいところ。コンプライアンスがうるさい時代ですから、たとえば建設運輸の比較的ひとり親方のちいさな組織であっても、関係者に危なっかしい人物がいるとマズイ。暴れた当人はtwitterのアカウント凍結していますが、周辺を探って、万一自社の内定を出した子がでてきた人事担当者は正月早々青ざめることでしょう。





工作好き