雪は降ったがタイヤがノーマル

ミゾレくらいの雪が降っている水戸。音がしなくなってきたので、今回は積もるかもしれません。

朝方、道路が凍ると自転車の人が困るけれど、運良く土曜日。とはいえ週末に働く人もいるのですから、なるべく降らないでほしい。

こういうときに怖いのは凍結する下り坂。下り坂は下りた最後のところにタイヤの圧力が掛かるため雪を踏み固めてツルツルになっていることがあります。猪苗代の踏切でそういう氷を踏んで飛び上がり、線路の上に着地したあります。

電車の跨線橋、山間部の陸橋、谷間を越える橋脚の路面は、気温が低いと晴れていても凍りますので気をつけましょう。たぶん、水戸周辺ですと大洗、那珂湊、常澄の人は雪に慣れていません。水戸の中心部は雨でも雪が積もってしまう北西部、国田町とか内原、笠間のほうはある程度覚悟をしているはず。常陸太田は当然、常陸大宮も雪対策は覚悟の上です。

私は水戸の平地に住んでいるので、スキーにいかないときはずっとノーマルで、積もるとドライビングテクニックを疲労することになるのて、車を凹ますと悲しいので運転はしません。タイヤがあるから嵌めとけば良いのですが、今日降るとは思わず。

北部(水戸)の天気 – Yahoo!天気・災害
リアルタイム情報をみると日立は雪。はやく止みますように。





工作好き