オリンピックはやりたい人がやればよい

本を読みすぎた反動で現在読書できず。

心理的に弱ってるのか、はたまたご飯を食べ過ぎたからなのか分かりませんが読めない。興味のない文書を無理に読もうとすると目が文字を追いません。たぶん読み過ぎ。心の余裕が無くなると時々起きる症状です。

しばらく放置するか、読書から離れると直ります。今回はねっどの文章を読みすぎたことが遠因ではないかと。文系学部の社会科学系のPDFをやたらと読みあさったので、脳みそがうんざりしてボイコットしてるのだと思います。

大学教員の書く文章は長い。ただただ文字が多くて読み切れません。もっと字数制限して読んでもらえる文章量にするか要約筆記をしてほしい。ジュブナイル版も置いて。

サイクリングをするとアタマが空っぽになっていいかなと思い日曜日に出かけましたけどオデコを日焼けしただけで終わりました。5月なのに日焼けで顔の皮が剥がれます。すごくサーフィンの好きな人のように見えるかもしない。実状は川沿いを帽子を被らずサイクリングしただけのこと。川面の反射光を考えにいれてなかったのが日焼けの原因。もう日焼け止めが必要です。

運動か、アタマを使わない趣味をひとつ取り入れたいところ。山登りは怖いのでハイキングをやってみようかと思っていますが、結局ハイキングも失敗すれば遭難しますのでどうなんでしょう。花粉をまき散らす憎い雑草が一段落落ち着いたら散歩を再開したいのですが、まだもうすこし時間が必要。水戸の市街地と住宅地づたいに歩くコースを開拓する方向も考えにいれた起きます。

世間はオリンピックと昨日の茨城県南部地震を気にしています。東海村で刃物強盗が起きたらしいけど、茨城も北の方は人心が荒れています。

強盗:同一犯か、連続4件 茨城で通行人被害 – 毎日新聞

茨城県南部地震は常磐線が止まった影響が大きく、夜中まで電車が動かず皆さん困ってました。やはり直流交流の変換地点周辺で電車がとまったため厄介ごとが増えたみたい。地震自体は、あんな程度かと何とも思わないのですが、緊急地震速報がでて熊本の地震もまだ収束しないままですから、心の奥底で見ないようにしている不安が誰もが感じています。

オリンピックはまあ、いいんじゃないの。やってもやらなくても。産業の一部として数十年ごとの持ち回りで開催しているのがいまのオリンピックです。

まえの東京五輪から五十年ちかく経ちますと、産業の仕組全体が変化しますので同じお祭でも受け取られ方が変ります。お祭が変らなくても周りが変れば対応もかわります。前みたいに道路と建物を造る口実にするには、スポーツイベントの価値が相対で下がったのです。

まえの東京五輪のときはスポーツは贅沢品でしたが、いま豊かになった日本で(?)は日用品になったのです。日用品のお祭りはスーパーの特売くらいのワクワク感であって、前の国を背負ったイベントとは別なモノなのです。だからオリッピックは後進国なりやりたいところにやらせておけばいいし、なによりスポーツもやりたい人にやらせておけば良いんです。

工作好き