自作ユニバーサルジョイント

角材を利用した可動装置
角材を利用した可動装置

ユニバーサルジョイントを自作しようと思います。

ボルト締め用のものを流用しても良いが、やっぱり重い。本式の伝導部品のユニバーサルジョイントを持ってきても良いがやり過ぎ。ラジコン用では華奢だ。

そこで自作しようと思う。強度は部材を大きくすればよいし工作はそれほど難しくない。

角材を利用します。

素案としては、上記ノートのような。コの字型に彫り込んで、なかに立方体を入れます。立方体は2軸を直行させます。一方は貫通穴を利用します。軸は釘かボルト。もう一方の軸は貫通できませんのでボルトを磨いて差し込むか、何らかの工夫が必要です。

ボルトナットで工作するのは大変木ネジを焼き鈍してネジをおとして使おう。

簡単。今思いつきました。ネジの固定と軸の調整がいっぺんで済む。

シャッターレリーズも使おう。

フィルムカメラの時代はシャッターを押す振動が伝わらないようにレリーズというものがありました。赤外線リモコンの現代、見かけなくなりました。これをグリップ部分に取り付けまして横回転のパノラマ軸(Y軸)を制動します。

軸に直接レリーズのシャッターを押す部分を取り付けて制御しましょう。場合によってはゴムを挟みます。これで片手で操作しても回転しすぎることはなくなるはずです。

これから作ろうとしているものは、前日に公開した画像から分かるようにグライドカム型で、グリップをカメラ直下に配置するモデルです。マーリンとグライドカムの折衷です。

【目標】

  • 片手で操作可能に。
  • 重量はグリップ直上に
  • 総重量2キロ以上でも使えること

以上のような設計目標となります。
グリップ回りはリング状にするかCリングで片持ちにするか考え中。

市販の材料は以下となります。

工作好き