パソコンの進化についていかれない

気が付くと自分のパソコンが古くなっていた。

メモリを買いに行くと、DDR SD-RAM2なる新規格が出ていた。そのとき買ったDDR SD-RAMはもうひと世代前だと店員に教えられた。

地元のパソコンショップではSocket478の基盤が投げ売られ、自分と同じ機種のヤフオク相場が買ったときの1/4まで下がった。

そこまで見てようやく、「うちのは型落ち?」と疑うようになった。

+

でもまだ買い換えない。 買い換える理由が思いつかないのだ。

以前なら、主要なアプリのバージョンが上がると使い物にならなかったのだが、取り急ぎ現状で困ることは少ない。

IE6をIE7にしたらもっさりしていたので買い替えか?と思ったが、これは多分IE7が悪い。

Pentium7くらいになってロッキー8が出て、ターミネーター5ぐらいになるまで今のままいけるような気がする。

現実にはPentium 4の上はPentiumDで、その上はCore2Duoらしい。スペックマニアでもないし、物持ちがよいのでやっぱりまだDuoはいらないなと思う。「酔拳3」が劇場公開されるころには買い換えようとおもうが、今すぐ買おうとは思わない。

+

人間がパソコンのハイスペック化についていけなくなった証左なのかもしれない。パソコンが趣味のマニア向けから家電のひとつになったのかもしれない。

パソコンの性能についていけなくなった私の能力はどれくらいかというと、

Max dirt bike : Max Games
このモトクロスゲームで一面クリアするのに8人のライダーを地面に叩きつけている。

『バルキリーシューティング』VERITECH ACE 2 |無料ゲームナビゲーター
こんなゲームをやったら脳がパンクしてしまう。

3Dは酔うのでやらない。バンゲリングベイくらいで止まっているので、そりゃCore2Duoなんてお呼びじゃないなと思う。





工作好き