食事を普通に作る

犬のいるコンビニでアイスを買う。私にしては珍しく、そこの老犬に嫌われていない。年より過ぎて相手にしてくれないが真実。帰る途中で救急車。学校のどこかの部活でなにかあった模様。日曜なのにご苦労なことで。中学生頑張りすぎだと思う。

夜もまた救急車来る。いまは救急出動にも消防車が出るので、5台ほど集結。近すぎて方向がわからず。ややあって病院に向う反射した赤色灯が見えた。サイレンを鳴らし始めた時間と方角から国道の交差点で衝突でもあったのだろう。

日中千葉の地震が二度あった。立って動いていたときに揺れたので感知できず。なんとなくガタガタしてるけど風かと思った。

家の録画予約一覧をみたら、「アンパンマン 松田優・・・」の文字。フレーベル館のやなせ先生と松田優作は繋がらないぞ。故人だからでないだろうし、どういうこと?
それいけアンパンマンくらぶ|松田優オフィシャルブログ 英雄本色 Powered by Ameba
俳優松田優。Vシネマの方。

世間一般から見ると、ヤクザ映画とハードボイルドは一緒なんだろうなあ。別けよう。ヤクザとハードボイルドとハードロマンとバイオレンスは冒険小説のなかでいちおう別流派なのです。私はヤクザ映画がダメ。あれって人物を動かす理由が「組織の理屈」でしょう。そういうの嫌だなあ。

「コマンドー」とか「ターミネーター」が好きなのは個人を描いているからで、組織じゃないところ。「ダイハード」も「ダーティハリー」も最後は個人の話です。刑事ドラマは良く見たのですが、ヤクザ映画は感情移入ができないし、観ても理屈がわかりません。Vシネマの製作本数をみると結構需要があるんですね。だれが観てるんだろう。

古い小説を読んでいたら、26歳の社長令嬢がでてきて「若く見えるが行き遅れだ」って書いてあって昭和三十年台こわい。

工作好き