来たれ新コンビニ

あそこにコンビニができれば良いのにとおもう、つい先日撤退したコンビニ跡地は、業者が入ってすわ、新規出店かと期待いたしたのでありますが、単に業者を入れて掃除をして、撤収の度合いを完璧に整えただけで新規出店の気配なし。張り紙はあるけれど敷地が立ち入り禁止で見えない、きっと閉店のお知らせでしょう。

あのコンビニがないと別のコンビニで毎日口に合わないものを食べることになります。

どうしてお弁当のセンスが合わないのか、理由が分かりました。たまたまお弁当を買う時間に遭遇したのは、体を動かす職人さんばかり。そうなると肉。そして米。私が行くと何時も鯖の幕の内弁当だけ残ってて、ほかの肉系統は全部無くなってしまっています。

うどんなどの汁物も微妙に残ってます。鶏の唐揚げばかり大量にはいって消化できなそうな唐揚げ弁当とか。あれは消化しきる自信なし。

工作好き