プラモ作らない

いまだにお盆というものがよく分かっていない上に、ハロウィンなどと言う洋物のお盆を増やされてもこまるばかり。

涼しくなって読書量が増えるかと思いきや、本自体を買っていないし本屋に足が向かない。工作をするかと思いきや、さして作る物もなくて、なるほど、こういうとき模型なりプラモデルを作ると面白いのだろう。ゼロから作るのではなくて完成の予約があった上で作業ができるのは、ゼロから、失敗するリスクを含んで工作するよりも簡単である。

だからといって模型を作る気はなくて、造形にあまり執着はございません。ぱっとみて目の前にサンダーバード4号のミニカーがありますが、今居る部屋で模型らしい模型はありませぬ。

最後にプラモデルを作ったのは何時だろう、そう、親戚の集りで旅客機を作ったあのときが最後。いまなにか模型を作れと言われても本当にこまります。半年くらい前にフィギアを処分したら翌月サービスでフィギアをいただきまして、もうああいう形あるものを愛でるワタクシにとってはまあすごく邪魔であります。写真集とか画集はみますけど。

工作好き