テレビの縦横比と隠密剣士

実家のテレビで月光仮面の話を観ていた。武田鉄矢と吉田照美が盛り上がる。上の世代のことだか、話半分でみていたけれどとても良い番組。月光仮面の制作者として「西村俊一」なる人物。

見たことのある名前。そう、水戸黄門、大岡越前のプロデューサー。
西村俊一 – Wikipedia

月光仮面以降の同じ制作者が作ったテレビ時代劇「隠密剣士」が紹介される。第一部は西部劇風、後半忍者。そこには4:3のテレビ画面を目一杯使ったアクションが写っていた。カメラワーク、カットの割り方が後のTBS時代劇に継承されたか。見たこと無いのに良く似た人。突然先祖に会った気分。

ズームのヨリから引きで状況を説明する方法や、斬り合いでの画面切替は「テレビの時代劇」で良く見てた映像手法です。現代の4Kの16:9の枠じゃないとなにも表現出来ないと思うのは間違い。カメラの性能も画面の縦横比も実はあまり関係ない。大事なのは作り手の勢いだ。

工作好き